貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

結婚準備の問い合わせにIP電話を使ったら携帯電話の料金が劇的に安くなった!

結婚準備期間中はモノ凄く電話を掛けまくります。先月の携帯電話明細を見てビックリしました。元々あまり電話を掛けないタイプではありますが、これまでの料金の3倍以上にはアップしています。

電話の内容というと、親族食事会の予約調整(○○日、空いてますか的な店への確認電話)や、結婚式場の担当者との電話打合せ、紙モノ関連(招待状など)の業者への問い合わせなど、なんだかんだで電話を掛ける機会が増えるのです。ネットで最初の予約や問い合わせを行えるようにはなっていますが、2回目以降の対応は大体電話になっていました。自分がせっかちだからでしょうか。

というワケでIP電話を設置してみました。

 

f:id:nigelle1221:20131030211931j:plain ▲設置した電話機

 

 いま、携帯電話はソフトバンクのiPhone5を利用中。通話プランは「Wホワイト」であり、1分あたり21円という料金となっています。また「24時間通話定額(ソフトバンク同士だったら24時間無料通話になるオプション)」を申し込んでいるため、彼女(次期嫁、同じくソフトバンク携帯ユーザー)との通話は無料。よって固定電話への通話が増えたことが携帯代金の請求金額アップの原因で概ね確定。

で、いま自宅は「ホワイトBB」というADSLを利用しており、標準でBBフォンというIP電話が使えることが判明。一般的な電話機をIP電話のポートに差し込めば、050から始まるIP電話が利用可能だったのです。アナログ回線の固定電話は契約していなかったので、このIP電話を活用することにしました。最初はウィルコムのPHSを契約しようかとも思いましたが、これから頻繁に電話をする期間は長くても半年くらい。「だれとでも定額(1回あたり10分以内の国内通話が500回/月までであれば無料になるサービス)」は魅力的でしたが、契約期間の縛り(2年)がイヤだったのでこちらを選択しました。

電話機についてはパナソニックのこちらを用意。会社で使っていなかったので借りてきました。いかにも電話という感じ。購入時の価格は2,500円くらいだったそうです。固定電話、案外安い。

 

Panasonic デザインテレホン ブラック VE-F04-K

Panasonic デザインテレホン ブラック VE-F04-K

 

 

ホワイトBBのIP電話通話料は「国内一般電話宛の通話だと3分で8.3895円」だそうです。何故、こんなに刻んだ金額設定なのでしょう・・・?

 携帯電話の通話料金よりも格段に安く、通話品質もまったく気になりませんでした。自宅にいて、電話を掛けるときはこのIP電話で掛けるように注意することで、携帯電話代金の削減に繋がりました。

 ちょっとした通信費削減ですが、毎月のことになりますので是非とも取り入れてみて下さい。ホワイトBBを契約していない人でもスマホアプリの「050Plus」を活用したり、光インターネットの「ひかり電話」などを利用しても同じ効果が得られると思います。

 

コレ、安いです。コンパクトだし、これで十分ではないでしょうか。

Uniden コード付電話機 ブラック UTP-100(B)

Uniden コード付電話機 ブラック UTP-100(B)