貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

ウエディングドレスを選んでおりますが、ウチの彼女(次期嫁)は何を着てもカワイイの。

f:id:nigelle1221:20131124173348j:plain

こんばんは、貯金のない男・ニャン(@bridal_nai)です。

 

いよいよ、結婚式に向けてドレス選びがスタート致しました。もちろんワタクシも彼女(次期嫁)に同行して、一緒に選びたいと思っています。しかし、既婚者(男性)に「今度の休みに、ドレス選びへ行ってきます」と伝えると、「あー、せっかくの休みにかわいそう」「頑張ってね」とマイナスイメージを持っている方が多いのにビックリ。そして、総じて「退屈だよ」と言われます。何故なんだ・・・?

 

スポンサーリンク

 

 

既婚者(男性)の意見

「退屈だ」という男性の意見としては、

  • ドレスの違いがわからない
  • 結局、自分の中で決まっているから意見を述べてもムダ
  • 何度も付き合わされる
  • 時間拘束が長い

とのこと。この話を聞いていて、この方々の夫婦仲が心配になってきました。楽しかった思い出ではないのでしょうか・・・?

 

どんなドレスがあるのかわかりませんが、彼女が綺麗なドレスをたくさん試着するのって、楽しくないの・・・? ファッションショーみたいで好きなんですけどね。普段のショッピングも付き合うのは好きです。試着、見るの、楽しい。これがマイノリティなんだと、いま気付いた!

 

一生に1回のことなんだし(←色々なことが緩くなってしまう魔法の言葉)、楽しんだ方がいいと思う。また、新郎側も「結婚式をより良くするために」という観点で参加しないとダメですよ!

 

ドレス選びについて

ワタクシたちの場合は、結婚式場と提携しているドレスショップがありまして、結婚式のプランの中にドレスも組み込まれていました。

 

金額として40万円。

 

40万です、40万。凄く高い。本当に高い。これくらいが相場なのでしょうか。一応、ウエディングドレスがこの予算に収まれば、余った予算をお色直し用のカラードレスに回せるそうです。でも高い。びっくりした。40万円あったら、20万円のものが2個買える! 10万円のものであれば・・・、4個買える! そして5万円のものであれば・・・(以下省略)。

 

でも、ウエディングドレスは結婚式の象徴的なものであり、きっと「女の子の夢」みたいなもんじゃなかろうかと思いまして、このドレス選びについては彼女(次期嫁)の意見を尊重してあげたいな、と。というワケで、まずは実物を見てから考えようということで、ドレスショップに行ってきました。

 

ドレスの試着にはデジカメ必須!

どんなドレスショップでも、概ねデジカメで撮影はしてくれると思います。それでも、旦那さんが色々な角度で撮影して、帰宅後、2人で画像データを見直すことをオススメします。たくさん着るから印象も曖昧になってしまいます。「スマホで十分」と思うかもしれませんが、色再現や細部確認にはデジカメがあった方がベストだとと実感しました。2万前後で良いデジカメが買える時代なので、是非とも用意しましょう!

 

予算に余裕があるなら、コレ、オススメ!

 

このデジカメが優れているのは、チルト液晶と申しまして、ディスプレイが180度動きます。これだと自撮りがしやすいのです!

f:id:nigelle1221:20170528110316j:plain

▲こんな感じにディスプレイが動きます

 

ドレス撮影だけであればこの液晶は不要なのですが、長期的に使うデジカメであれば、この機能が有るのと無いのでは雲泥の差が! 2ショットが撮りやすくなるのは凄いメリットですよ!

 

ドレスの試着時の撮影ポイントとしては、

  • 全身が映るよう撮影する
  • 新婦が見えない後ろ側を重点的に撮影する
  • パーツをピンポイントで撮影する
  • とにかく枚数を撮る

という感じ。

 

デジカメを縦にして、正面からちょっとずつ回ってもらい、角度違いの写真をパシャパシャ撮ります。どこのドレスショップにも、大きな鏡は絶対にある。鏡で正面状況は新婦も確認出来ると思いますが、少しズレると印象も変わりますので、確認出来るように撮影しましょう。

特に、新婦が目視出来ない後ろ側! 裾(なんて呼ぶのか忘れた)が素敵なデザインになっているドレスが多く、シルエットや全体のバランスも写しておくとイメージしやすいはずです。またティアラなどパーツもピンポイントで撮影しましょう。

デジカメなので、メモリの容量いっぱいに撮影すればいいのです。充電、忘れずに! ちゃんとメモリ(SDカードなど)を入れておくように!

 

そして、ウチはデジカメで撮影した画像をiPadに入れて、2人で確認しました。これも大きな画面で画像確認が出来るため本当に便利。スマホに入れても確認出来ますが、やはり画面は大きい方が見やすい! 安いAndroidタブレットでもOKです。

 

今だと、kindle Fire 7がプライム会員だと5,000円以内で買えるため、コスパ最強。写真をAmazon Driveに入れて、kindleをビューワとして使うのも楽でいいですね。

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

 

 

いざ、ドレスショップへ!

ドレスショップに着くとまずはカタログを見せて頂きまました。担当の方いわく「着てみないと始まらないから!」と好きなものを試着することに。いきなりウエディングドレス姿が見られるとは思っていなかったため、サプライズ的な打合せになりました。

 

で、ウチの彼女(次期嫁)は何を着てもカワイイの。何を着ても似合うんだわ、これが。ウエディングドレスと言っても様々な形がありまして、5着くらい試着させて貰いましたが「全部着ればいいんじゃないのかなー?」という気持ちになりました。そして、それを実現させてあげられない自分の懐具合(予算)を恨みます。1回の結婚式でウエディングドレスを何着も着る人は少ないと思いますが。

 

ドレス選び、全然飽きない。むしろ「コレ着て! アレ着て!」と注文するので、彼女(次期嫁)が少し疲れてました。

 

今のところ、TOPの画像(カタログの写真で彼女ではありません)がお気に入り。モデルさんも凄くカワイイ。肩甲骨が凄く出てた。まだ時間的に余裕がありますので、色々と着ながら悩みたいと思います。

 

保存

保存