読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

イオンカードに紐付けてJR東海「PLUS EX(プラスEX)」を申し込んだ。

余談 コスト削減 節約

 

こんばんは、貯金のない男・ニャンです。

 

この頃、仕事で「愛知→東京」や「愛知→大阪」の出張が増えました。新幹線の切符は券売機で購入しており、経費削減の観点から自由席のみ許されてます。会社として回数券を買ってくれればいいのに。

しかし、時間帯によっては混み合うことも多く、自由席だと最悪座れないということも。愛知〜東京間をずっと立っているのは結構しんどい。

 

で、なんとかならないかナァー、と思っていたところ、JR東海の「PLUS EX(プラスEX)」というサービスであれば、諸々問題が解消出来るではないか!と思い、申し込んでみました。

f:id:nigelle1221:20170201213320j:plain

スポンサーリンク

?

 

 

元々、JR東海には「EXPRESS CARD(エクスプレスカード)」というものがあるのは知っていました。つーか、持ってました。

f:id:nigelle1221:20170201234112j:plain

http://expresscard.jp/

 

契約したきっかけは、前職の上司がJR東海の関連の仕事をしており、新規契約のノルマがあるので協力して欲しいと頼まれたため。あんまり新幹線に乗る機会もなかったのですが、上司の頼みとあっては断れないナァー、というワケで申込みました。当時はゴールドの盤面だったのですが、いまは黒に変わったんですね。

しかしEXPRESS CARDは年会費が1,000円(税抜)ございまして、結婚のタイミングで「あんま使わないし、使わないなら年会費が勿体無いから、もういいや!」と解約していたのです。ポイントプログラムも「ポイントが貯まったらグリーン車に変更出来るよ!」と魅力に掛ける内容でしたしね。マイルサービスを開始すればいいのになー、と思いましたが、新幹線に置き換わるサービスがなかなかないので、強気なんすかね? 飛行機(LCCとか)が頑張ったらJR東海が焦って開始しないかと期待してましたが、そんな気配は無さそうです。

 

その後、EXPRESS CARDを申し込んでいる人であれば改札をsuicaなどのように「タッチ・アンド・ゴー」が出来る「EX-ICカード」が登場したため「あったら便利かな?」とも思いましたが、出張自体も減ったし、まぁいいか、と。

 

そんなこんなで数年経過 。

 

したらば、今年から出張が増えまして、1月だけでも東京2回、大阪2回と移動する機会が多くなってしまいました。EXPRESS CARDであれば「エクスプレス予約」で早期割引とかで乗車料金が多少安くなるので、指定席でも会社に許してもらおうという作戦です。自由席で座れずに立ちっぱなし移動はしんどいから。

 

で、HPを見ていたら「PLUS EX(プラスEX)」を見つけまして、こっちの方がいいんじゃね?というワケで、申し込んでみました。

f:id:nigelle1221:20170202000030j:plain

 

まず、EXPRESS CARDはセディナが発行する専用カードになります。この専用カードと「EX-ICカード」を組み合わせて使います。乗車料金もEXPRESS CARD(セディナ)からの請求。

それに対して「PLUS EX」は、既存のクレジットカードに紐付けてICカードが使えるようになるサービスです。ということは、これ以上、クレジットカードを増やさなくてもいい! これは自分にとって大きなメリットでした。財布がこれ以上パンパンになるのはイヤだったので。お金は入ってないのに、財布だけ不細工になっていきます。

但し、紐付け可能なクレジットカードは決まっており、どのクレジットカードでもいいというワケではありません。お手持ちのクレジットカードが対象かどうかはHPで調べることが可能。

f:id:nigelle1221:20170202000500j:plain

https://plus-ex.jp/card_navi/

 

 

で、ワタクシはというと・・・、

f:id:nigelle1221:20170202000755j:plain

 

持ってる、イオンカード! ありがとう蒼井優! というワケで、このイオンカードに紐付けて申し込むことに。EXPRESS CARDの年会費が1,000円(税抜)に対して、PLUS EXは500円(税抜)というのも、気持ち的にお得感があったのも事実。 安値は正義!

 

そんなこんなで、本日、カードが届きました。利用するための会員登録の手続きを進めています。新幹線にタッチ・アンド・ゴー! 楽しみです。