貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

「LINE MOBILE(ライン モバイル)+ VAIO Phone A」、運用開始!

f:id:nigelle1221:20170417222719j:plain

こんばんは、貯金のない男・ニャン(@bridal_nai)です。

 

ようやく本日(4/17)、LINE MOBILE(ライン モバイル)のMNP手続きが完了致しました。で、今日1日「LINE MOBILE + VAIO Phone A」を触ってみた感想です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「LINE MOBILE(回線)」について

今回はVAIO Phone Aと一緒に契約したため、予めAPN設定などは登録されていました。よって、LINE MOBILEとしては何もする必要なし。MNP申請が完了したら、自動的に使えるようになりました。手軽でいいね。ただ、回線としては、これまでのmineoと大きく変わるところはありません。mineoの回線速度も安定していたし。気持ちLINE MOBILEの方が速いかナァー、くらいです。

 

愛知県名古屋市(中心部)で、混み合う21:00頃のスピードテスト結果は「下り6.79Mbps、上り15.21Mbps」という感じ。サイト閲覧もサクサクで、まったく支障なし。これで3GB/月のコミュニケーションフリープラン(音声通話付き)で月額1,690円はコスパが高いと思います。

 

f:id:nigelle1221:20170417224513j:plain

 

 

今回の「コミュニケーションフリープラン」は

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

のデータ通信量をカウントしない(カウントフリー)というSNS時代にピッタリなサービスなのです。

 

f:id:nigelle1221:20170418223217p:plain

 

 

しかし、そもそもワタクシ、LINEは会社支給のiPhoneで使っており(最近は業務連絡がLINEになってきた・・・)、Facebookはアカウントすら持っておらず。Instagramは吉木りさを見るためだけに用意し、Twitterも数日前に設定したばかり。

SNS、使いこなしてねぇー!

このサービスの恩恵が受けられるかどうかは謎でございます。ただ、これを機にTwitterをガシガシ使ってみようかと思っています。

 

 

ちなみに、LINE MOBILEの規約(抜粋)はこんな感じ。

 

 

2. カウントフリー対象サービス

各プランのカウントフリー対象サービスは、下記のとおりとなります。

 

 (1) LINE フリー 

LINEフリーでは、コミュニケーションアプリ「LINE」のご利用(下表 1 記載のご利用に限ります。)に伴い発生するデータ量が、カウントフリーの対象となります。 

 

【表 1】「LINE」の利用におけるカウントフリー対象表 

 トーク機能のご利用            

 ・テキスト及び音声メッセージの送受信

 ・スタンプ、画像、動画・その他ファイルの送受信

 ・無料通話、ビデオ通話

 

 タイムライン機能のご利用         

 ・画面閲覧、投稿(画像、動画含みます。)


 ニュース機能のご利用           

 ・「ニュースタブ」画面の表示(画像、動画含みます。)

 

 その他のご利用              

 ・スタンプ、着せ替えのダウンロード

 ・アカウント設定に関わるご利用

 ・友だち一覧画面の表示、友だち追加

 ・「その他」画面の表示

※下記のサービスのご利用に伴い発生するデータ通信量は、カウントフリーの対象外となります。 

1.外部リンクへの接続(LINE アプリ内で友だちから共有された又はタイムライン上で表示されたリンク先のウェブサイトなどへの接続を指します。)

2.LINE アプリ内で LINE トーク画面等に配信されるライブストリーミング動画(LINE LIVE機能)のご利用

3.LINE 株式会社が提供する「LINE」アプリ以外のアプリサービス及びウェブサービスのご利用

 

(2) コミュニケーションフリー

コミュニケーションフリーでは、LINE フリーのカウントフリーに加えて、「Twitter」、「Facebook」及び「Instagram」のご利用(下表 2 記載のご利用に限ります。)に伴い発生するデータ通信量が、カウン トフリーの対象となります。

 

 【表 2】「Twitter」「Facebook」「Instagram」の利用におけるカウントフリー対象表

 Twitter                 

 ・タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)

 ・「ホーム/ニュース/通知」の画面表示 

 ・メッセージ機能のご利用

 ・プロフィール編集

 

 Facebook                 

 ・タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)

 ・「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示

 ・プロフィール編集

 

 Instagram                 

 ・タイムラインの画面表示・投稿(画像・動画含みます。)
 ・ストーリーの画面表示・投稿(画像・動画含みます。)
 ・検索画面での検索・検索結果表示(画像・動画含みます。)
 ・アクティビティの画面表示
 ・ダイレクトメッセージのご利用
 ・プロフィールの編集
 

※下記のサービスのご利用に伴い発生するデータ通信量は、カウントフリーの対象外となります。

1.外部リンクへの接続

2.Facebook Live(Facebook上でのライブストリーミング動画)及びFacebookが提供するMessengerのご利用

3.Twitterのライブストリーミング動画(Periscope)のご利用

 

 

Twitterとか、ビューワ(?)アプリがたくさんありますが、それでもカウントフリーなんですかね。あとはツイート内にURLが貼ってあり、クリックしてサイト変移したときとか。詳細はよくわからず。何気に、LINEの無料通話もカウントフリーなのは凄いと思う。

 

■申込みサイト:LINEモバイル

 

「VAIO Phone A」について

これまで使っていたNexus5に比べてディスプレイサイズがアップしたので、非常に使いやすいです。重くなった感じもしない。ただ、スマホ自体のサイズが大きくなったので正直握りづらい。アルミボディで少々滑るため、早速ガラスフィルムとTPUクリアケースを発注。あんまり売れてなくて在庫が無いのか、発送に1週間程度要するとのこと。届くまで慎重に使います。

 

買ったのはコレ。

 

スマホの筐体自体は「VAIO Phone Biz」と一緒なので、フィルムやケースはこの規格を選べば問題ありません。ただ、iPhoneやXperiaといったような人気機種に比べて、フィルムやケースの選択幅は狭い。今後のVAIO事業展開に期待です。

 

 

で、このVAIO Phone AにしたのはDSDS機能が使いたかったから。先日もブログで書いた通り「SoftBankで5分間通話定額プランが2円/月!」という契約が出来たので、このsimをスマホに入れたいな、と。一応、mineoで使っていた回線はそのままMNPしましたので番号自体はまだ保有していますが、発信はこのSoftBank simに切り替えようと思っています。

VAIO Phone Aはnano simとmicro simでのDSDS機能。先に契約したSoftBank回線がnano simだったため、LINE MOBILEをmicro simで契約しました。ただ、nano simとSDカードは同じスロット位置を使うため、DSDS機能を優先すると内部容量の16GBで戦う必要があるのが懸念点。大丈夫でしょうか。

 

■関連記事:【価格破壊!】ソフトバンクのガラケー(5分間通話定額プラン)が2円/月で契約できた。 - 貯金はないけど、結婚します。

 

sim、2枚、入れてます。

f:id:nigelle1221:20170416215159j:plain

 

 

待ち受け画面はこんな表示になりました。LINE MOBILEはドコモ回線を借り受けてサービス提供しているため、DOCOMO + SoftBank という異色のコラボ状態。アンテナマークもsimが2枚挿入されているため、2個表示されました。

f:id:nigelle1221:20170417220250j:plain

 

 

simは「どの通信でどちらを使うか」という設定が可能。とりあえず「データ通信はLINE MOBILE、電話はその都度確認」という設定に。電話を掛けようとすると、画面の通り「発信用の端末アカウントを選択してください」と表示され、どっちの番号で掛けるのかを確認してくれます。もちろん、どちらのsimの電話番号でも着信が受けられます。切り替え不要。どっちでも鳴る。素晴らしい。

f:id:nigelle1221:20170417231701j:plain  f:id:nigelle1221:20170417231747j:plain

 

 

このVAIO Phone Aのいまのところの唯一の苦言は、電源ボタンとボリュームボタンが並んでいるところ。

f:id:nigelle1221:20170417220314j:plain

 

Androidって、電源ボタンとボリュームボタン(下げる)で画面キャプチャなのですが、この配置だと凄く押しづらい。他にも画面キャプチャをスムーズに撮る方法があるんでしょうか。

 

性能としては、一般的な動作はまったく問題ありません。キビキビしてます。ハイスペック機ではありませんが、こちらも24,800円という端末価格を考えると、相当コスパが高いのではないか、と。ちなみに、LINE MOBILEは端末購入が一括しかありません。買ってから知りました。少々誤算。

 

そんなこんなで、長年使っておりましたmineoを卒業し、LINE MOBILEへ入学です。暫く使ってみて、また感想を書けれたら。

 

<LINE MOBILE 記事一覧はコチラ!>

LINE MOBILE カテゴリーの記事一覧 - 貯金はないけど、結婚します。

 

■申込みサイト:LINEモバイル

 

保存

保存

保存