貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

【レビュー】際どい広告で心を鷲掴みにされた「荒ぶる季節の乙女どもよ。」を購入。

こんにちは、ニャン(@bridal_nai)です。

今日は衝動買いしてしまったマンガの御紹介です。

 

スポンサーリンク

 

 

どんなマンガ? → 「荒ぶる季節の乙女どもよ。」です!

自分もブログを書き始めたので、いろんなブロガーさんのブログも読むようになったのですが、どのブログを見ても表示される「めちゃコミック」の広告。表示される作品は様々なのですが、この作品についてはずっと気になっていました。

 

コチラです(これは広告ではなくキャプチャです)。

 

これって・・・、「あの行為」の場面ですよね・・・。「真面目な幼馴染の部屋で見たのは・・・」というキャッチコピーが書かれておりますが、なんというか・・・、幼馴染の女の子に見られてしまう男の子の気持ち・・・、お察し致します。

 

タイトルも「荒ぶる季節の乙女どもよ。」って、「えっ? えっ? 何が荒ぶってるの・・・!?」と気になって仕方ない。

 

で、心を鷲掴みにされたもんで、購入してしまいました。メイン電子書籍のkindleではなく、今回は楽天koboで。楽天の期間限定ポイント消化も兼ねて。

 

 

kobo版

kindle版

荒ぶる季節の乙女どもよ。(1) (週刊少年マガジンコミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」って、どんな作品?

この「荒ぶる季節の乙女どもよ。」は、あの「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」でお馴染みの岡田麿里原作の作品でした。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」は夫婦揃って大好きな作品です。最初、妻がたまたま放送していたドラマ版を見て感動し、その話を友達にしたところ「アニメ版はもっと面白いから!」とオススメされ、夫婦揃って借りてきたアニメ版DVDを号泣しながら見てハマった、みたいな。

 

ちなみに、実写版には高畑裕太さんが出演しており・・・、再放送は無さそうかな・・・。

 

閑話休題。

 

で、今回購入した「荒ぶる季節の乙女どもよ。」ですが、

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』(あらぶるきせつのおとめどもよ)は原作:岡田麿里、漫画:絵本奈央による日本の漫画作品。『別冊少年マガジン』(講談社)にて、2017年1月号より連載開始。文芸部に所属する5人の女子高生が性に振り回され、悩む様子が描かれる。2017年4月7日現在単行本は1巻が発売されている。

 

荒ぶる季節の乙女どもよ。 - Wikipedia

という作品です。ちなみに、別冊少年マガジンは「進撃の巨人」が連載しているマンガ雑誌でございます。

 

性に悩む男子高生のマンガはたくさん見てきましたが、女子高生視点というのは今まで読んだことがないジャンルでしたので斬新でした。

 

主要登場人物たち(文芸部員)も、いい感じにね、こじらせています。

小野寺和紗(おのでらかずさ)

本作のヒロイン。身長156センチメートル、血液型はA型。特徴のないのが特徴と言われるほど普通な女子で、周囲からは地味子と呼ばれる。中学時代は泉との距離が近いことから、彼に好意を寄せる周囲の女子たちから妬まれ、暗い学校生活を送ってた。そのために、泉とは極力距離を置くようにしている。高校入学後に泉の自慰行為を目撃したことや、浅田の泉への告白や目論見を知ったことをきっかけに、自身の泉への恋心に気づくこととなる。

 

菅原新菜(すがわらにいな)

文芸部の女子の中では美人で、クラスの男子からは「掃き溜めに鶴」と言われる。幼少期、地元の子供劇団「そよかぜ」に所属していた当時に、不審者に付きまとわれ撃退した経験から、男性のあしらい方や心理に詳しい。

 

曾根崎り香(そねざきりか)

文芸部部長。身長170センチメートル、血液型はO型。堅物な性格で、眼鏡をかけており、長い髪を後ろで縛っている。潔癖で、クラスで性に奔放な会話をする女子たちを苦言し対立する。一方、天城に容姿を褒められたことで、価値観が揺らいでいく。

 

須藤百々子(すどうももこ)

身長156センチメートル、血液型はAB型。髪型は二つ縛りのお下げ。和紗の親友で、「もーちん」と呼ばれている。

 

本郷ひと葉(ほんごうひとは)

身長141センチメートル、血液型はB型。女子高生ながら、謎の作家オーラを醸し出している。出版社に自著の小説の原稿を持ち込みをしているが、編集者からはリアリティが無いと評されている。そのために、セックスを知ろうと2ショットチャットに参加している。

 

荒ぶる季節の乙女どもよ。 - Wikipedia

 

 

そして、肝心の例の描写ですが、

 

結構、直球でした。

 

これは気まずい・・・。私には幼馴染の女の子とか身近におりませんでしたが、想像しただけで寒気がする。お察し致します。

 

まだ1巻しか発行されておらず、2巻は8/9(水)発売予定だそうな。思ったより真面目な内容で(各自、悩んでる描写が生々しい)、今後の展開がマジ気になる。購読決定です。

 

ちなみに、この作品、何故かkindleで「分冊版」という販売もしています。初めて見た。

1巻に収録されている話数が4話なので、分冊版1冊で1話という感じ。通常版の1巻を購入しても、分冊版4冊(1巻収録話数相当)を購入しても、価格は一緒。それでも、試しに1話読んでみたいという方にはちょうどいいかもしれませんね。

 

今後、Amazonとして、このような販売もしていくのかな?  「ちょっと気になる!」という方は、まず分冊版の1を是非読んでみて下さい!

荒ぶる季節の乙女どもよ。 分冊版(1) (週刊少年マガジンコミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。 分冊版(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 
荒ぶる季節の乙女どもよ。 分冊版(2) (週刊少年マガジンコミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。 分冊版(2) (週刊少年マガジンコミックス)

 
荒ぶる季節の乙女どもよ。 分冊版(3) (週刊少年マガジンコミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。 分冊版(3) (週刊少年マガジンコミックス)

 
荒ぶる季節の乙女どもよ。 分冊版(4) (週刊少年マガジンコミックス)

荒ぶる季節の乙女どもよ。 分冊版(4) (週刊少年マガジンコミックス)

 

保存