貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

【動く娘がブレる!】デジカメ撮影が上手くなりたい!(「SONY α6000」ユーザーの素人の嘆き)

こんにちは、ニャン(@bridal_nai)です。

 

また娘(1歳2ヶ月)が風邪をひきまして、私も感染しまして、週末、家族みんなでグッタリしておりました。2週間間隔で風邪をひいております。毎回、保育園でもらってくるのでしょうか。「免疫力、はやくきてくれー!」と、ナッパ戦のクリリンの如く日々叫んでおります。

で、寝込むほどではないものの、カラダはやっぱりしんどいので、家でおとなしくデジカメ画像の整理を行っていました。したらば「ピンぼけ写真」が多くって「これはもっとデジカメ撮影が上手くなりたい!」と思った所存にございます。今日はそんな感じのエントリー!

 

スポンサーリンク

 

 

いま使っているデジカメは?

このブログでは何度か書いておりますが、メインで使っているのは「SONY α6000」というミラーレス一眼です。レンズはボディとセットで買った「標準ズームレンズ」というのを使っています。つーか、レンズはこれしか持っていません。

 

現行機は「α6500」でして、「α6000」は2機種前のモデルです。

ソニー デジタル一眼カメラ ボディのみ ILCE-6500

ソニー デジタル一眼カメラ ボディのみ ILCE-6500

 

 

型落ちモデルではあるものの、画質は凄くキレイ。初めて買った一眼カメラで・・・って、いま文字にしてみたんですが「一眼ってなんぞ?」と思いました。そんなレベルのカメラ知識です。

 

困ったときのWikipedia。

一眼レフカメラ(いちがんレフカメラ、英:Single-lens reflex camera 、SLR)とはスチルカメラの構造による分類のひとつで、撮影に使用するレンズと撮像面(フィルムもしくは固体撮像素子)の間に鏡を置き、実際に撮影されるイメージを光学ファインダーで確認することができるものをいう。 撮影用の光学系とファインダー用の光学系が一系統であるため(一眼)、ファインダーから見える像が撮影される写真の像と一致する。 ドイツ語のシュピーゲル・レフレックス(Spiegelreflexkamera 、鏡の反射)という言葉通り、反射鏡を使ってファインダースクリーンに結像させる機構が特徴であり、レフの語源もここにある。 フィルムカメラ、デジタルカメラの両方に存在し、20世紀中盤以降から現在に至るまで、レンズ交換可能なカメラの主流となっている方式である。 なお、一眼レフと異なる構造を持つカメラとしては、二眼レフカメラやレンジファインダーカメラやミラーレス一眼カメラなどが挙げられる。

一眼レフカメラ - Wikipedia

 なるほど、なるほど、サッパリわからん。

 

とりあえず、この「α6000」を買った理由(選定理由)は、

  • AF(オートフォーカス)がいいらしい!
  • USB給電対応で、モバイルバッテリーでも充電ができる!
  • SONY好き!
  • デザイン、カッコイイよね!

という素人感満載の理由。

 

このデジカメは新婚旅行でシンガポールとインドネシアのビンタン島に行くことになったので、その記録用として買いました。この新婚旅行エントリーが未だに書けていないのが、本ブログの汚点です。最もこのブログを立ち上げた趣旨に近い内容なのに。

 

で、設定は「プレミアムオート」固定で使ってます。よくわからないし、この「プレミアムオート」でもキレイに撮影できていたので。まったく問題なかったんです。

カメラって「F値」とか「ISO感度」、「絞り」、「シャッタースピード」、難しい用語だらけ。せっかくキレイに撮影できるカメラを購入したのであれば、より使い方を極めて、もっとキレイな写真を撮影したい!とは思ったものの、この「プレミアムオート」がキレイだったもんでね、なかなか手が付けられておりません。

 

しかーし、娘が産まれ、デジカメの利用頻度が高まり、その娘も成長し、歩けるようになり、最近は小走りを覚え、これが撮影できない! ブレるようになった! 焦点が合わない!

 

例えばコレとか。積み木遊びに夢中の娘は激しく動いており、肝心の焦点は奥の青い服のお母さん。このような失敗写真を減らしたい! デジカメなので、失敗を恐れずガンガン撮影すればいいのかもしれませんが、良い写真は1枚でも多い方がいいっすもんね。

 

「娘を最高画質で記録し続け、将来、成人を向かえた娘と一緒にその画像を見て楽しみたい」と画策している私にとって由々しき事態です。子供の成長って本当に早くて、今の娘はマジで今しか撮影できなので、早々に技術を身に付けるなければならんやん!と焦っております。これが今回のテーマなのです。

 

1.まず、何から着手するか? → とにかく撮る!

これは、とにかく撮りまくるしかないのかな、と思っています。いろんな設定を触りながら、どの設定だと、どんな写真が撮影できるのかを覚えたい。デジカメですし、現像に費用は発生しませんし。ブレるということは「焦点(フォーカス)」と「シャッタースピード」あたりなのでしょうか?

 

で、これを実現するには「とにかく持ち歩く!」という結論に至り、まずはコイツを買いました。「カメララッピングクロス」です。

 

コレです。

※私はカバンの中で目立つようにオレンジを発注しましたが、Amazonではオレンジが品切れになっていました。

 

これはどんな商品かというと、文字通りカメラをクルクルと包んで持ち運べるという緩衝材のような商品です。素材は「ネオプレン」というものらしく、クッション性があります。ウェットスーツみたいな触り心地かな? ウェットスーツを触ったことがないけど、多分、そんな感じ!

レンズとか個別に仕切りがあって持ち運べる専用カバンの購入も考えましたが、レンズも1つしか持っていないし、とりあえずコイツから始めてみることにしました。

 

これを・・・、

 

こうして・・・、

 

こう!

 

厚みがあるのでしっかり衝撃を吸収してくれます。これを普段使いのリュックサックへ突っ込んで、まずは日常的に持ち歩く習慣を付け、パシャパシャ撮影していきます。

 

ちなみに、α6000に付けているストラップはコチラ。歩いて移動するときはこちらを使って肩掛けしています。

ソニー SONY ショルダーストラップ ブラック STP-XSR1 B

ソニー SONY ショルダーストラップ ブラック STP-XSR1 B

 

 

2.知識を付けるために、カメラ雑誌を読み込む!

 

こちらも過去に何度か書いたのですが、楽天マガジンという定額料金で約200誌が読めるサービスを契約しています。

bridal-nai.hatenablog.com

で、この楽天マガジン、カメラ雑誌が4誌もあり、まずはこの4誌を穴があくまで読み込んでやろうじゃないか、と! 4誌共に月刊誌なので、1ヶ月みっちり読み込んで、理解を深めるのです!

 

そんな楽天マガジン、今なら31日間0円でお試し可能!

公式サイト:月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題!楽天マガジン

 

そのカメラ雑誌4誌がコチラ。

CAPA(キャパ)

 

カメラマン

 

デジキャパ

 

デジタルカメラマガジン

 

このカメラ雑誌4誌を読み込み、わからない用語を調べ、理解を深め、実践し、写真が上手くなる! という算段です。何故か楽天マガジン内でのこの4誌の配信日がまったく一緒なのが謎なのですが、月刊誌なので1ヶ月あれば熟読できるでしょう!

 

楽天マガジンが素晴らしいのは、一定期間であればバックナンバーも読めるところ! ガンガン読めるよ! しかも定額だよ! 380円(税抜)/月って、凄くない!?

 

 

プラスアルファとして、カメラとは関係ないのですが、楽天マガジン内の「FRIDAY」は超人気アイドルでもモデルさんでも、極力グラビアを削らずに掲載してくれるところが素晴らしい! 8/27現在、最新号では小倉優香さんのグラビアがガッツリ掲載されており、「コレ、本当に楽天のサービスなのかな・・・?(←褒め言葉です)」って思っております。繰り返します、褒め言葉ですよ。

 

そんな楽天マガジン、マジでオススメ! FRIDAY、バンザイ!

今なら31日間0円でお試し可能です!

公式サイト:月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題!楽天マガジン

 

3.初心者向けセミナー(勉強会)に参加する!

あとは、こんなセミナーに参加してみようかと思っています。

 

デジカメはソニーストアで購入したのですが、そのときにユーザー登録をしたら定期的にお役立ち情報メールを頂くようになりました。

 

で、ソニーストア主催の「使い方基本講座」などの御案内も頂いておりまして、スケジュールを合わせて参加してみようかと思ってます! 定期的に開催されているようで、10月の週末に名古屋である初心者向け講座があれば申し込む! そして教えてもらう!

 

スポンサーリンク

 

 

4.Lightroomを使いこなす!

先月、Amazon Prime Dayが盛大に開催されましたが、このときに「Adobe Creative Cloud コンプリート」を購入しました。

 

12ヶ月版です。

Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版 | 12か月版 | オンラインコード版

Adobe Creative Cloud コンプリート 2017年版 | 12か月版 | オンラインコード版

 

 

このAdobe Creative Cloud コンプリートは、

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Lightroom
  • InDesign
  • Premiere

・・・を使いたくて購入しました(若干仕事も絡んでいます)。で、この中で特に「Lightroom」を使いこなしたいと常々思っておりました。

 

きっかけはLIGブログでLightroomの特集記事を読んだから。まだ実際にLightroomを使えていないのですが、RAW形式も残しています。

liginc.co.jp

 

ちなみに、PhotoshopとLightroomだけであれば、コチラのプランの方がオススメ。

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom)  2017年版 |12か月版|オンラインコード版
 

 

オマケ:画像保存について

いまデジカメで撮影した画像は「Amazon Drive」と「Googleフォト」を併用しています。使い分けとしては、画像データはまず全て「Amazon Drive」へアップロードして、抜粋した画像を「Googleフォト」に入れて、アルバム化し、妻と共有する、みたいな。

 

特に「Amazon Drive」は、マジ凄い! Amazonのプライム会員であれば写真データが無制限でアップロード可能になります! RAW画像って、1枚あたり25MBくらいの容量がありまして、すぐにデータが増えてしまうのですが、とりあえずこのAmazon Driveに突っ込んどけば、必要なタイミングでダウンロードすることもできて便利! 容量無制限なのも素晴らしい!

 

いま約45GBくらい写真データを保存していました。これでAmazonプライム会員なら無料で使えるって、どんだけ懐が深いんでしょうか!

 

まだAmazonプライムに未加入の方は、是非。ファミリーユーザーには「Amazonファミリー」という超特価購入サービスも利用できるため、マジオススメです。

 

Amazonプライムはコチラのバナーから御申込み頂けます。

 

まとめ

課題は盛りだくさんなのですが、正直、良い意味で今から楽しみです。まだまだα6000を使いこなせていないため、ポテンシャルを引き出せるようになったら「フルサイズ」でお馴染みの「SONY α7シリーズ(いまはα9とかもありますけど高過ぎる)」にステップアップしてみたい!とか野望もあったり。お金は無いけど。

 

そして、このブログを書いていて「圧倒的・・・! 既視感・・・!(byカイジ)」を感じていたのですが、7月にこんなエントリーを書いていました。

bridal-nai.hatenablog.com

うはー、50%くらい内容が被ってる。人間って、2ヶ月前のことも覚えていられない悲しい生き物なんですね・・・。

 

とにかく、娘を可愛く撮る! それだけです! では!