貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

【6/7追記】男性諸君、婚活女性の気持ちを知るには『美人が婚活してみたら』を読んでおこう。

f:id:nigelle1221:20170606202910j:plain

こんばんは、貯金のない男・ニャン(@bridal_nai)です。

 

ちょっと前のことになりますが、たまたまネットサーフィン(死語)をしていたら、面白い婚活マンガがWeb上にあると書かれており、どれどれと見てみたらハマッてしまいました。それが『美人が婚活してみたら』だったのですが、5月にコミック化していたことを知り、慌てて買いました。本日はコチラの御紹介です。

 

スポンサーリンク

 

 

どんなマンガなのか?

美人が婚活してみたら

美人が婚活してみたら

 

簡単に、超ざっくりと申しますと、32歳・美人女性が結婚に憧れ、マッチングサイトに登録しながら婚活に励む・・・、という内容です。実際にね、私の周囲にも「何故、独身なんだろう・・・?」と思うような美人女性(30~40歳くらい)が何名も婚活してまして、身近な話題としても捉えています。

美人って、モテてきたからこそ婚期が遅れるんですかね? 男性から「高嶺の花子さん」と認識されてしまい、声が掛けづらいのでしょうか?

高嶺の花子さん

高嶺の花子さん

 

 

そういえば、昨年、マンガ・ドラマが話題となりました逃げるは恥だが役に立つの百合ちゃんも、美魔女で50歳未婚女性という設定でしたね。単行本の最終巻とか、百合ちゃんの恋の行方を全力で応援する話になっていて笑った。もう主役ポジション。

※そうか、話題になったのって、もう去年なのか・・・。紅白でガッキーが照れながら踊ってたもんね・・・。時間の流れ、マジで早くない・・・? ちなみに、この逃げ恥は全9巻でサクッと読めて、常時ニヤニヤしてしまうような良書です。まとめて買っちまえ。

 

どんな内容?

内容としては、笑いを交えつつ、女性視点での婚活状況が描かれています。面白かったのは、この出来事。婚活サイトに登録して、男性と初めて会うことになったのですが・・・、

f:id:nigelle1221:20170606205257j:plain

f:id:nigelle1221:20170606205338j:plain

f:id:nigelle1221:20170606205413j:plain

f:id:nigelle1221:20170606205500j:plain

 

サクラと間違われる。

 

 

サクラに間違われるって、よっぽどですよね。「じゃあ美人局かな?」とか、ヒド過ぎる! 美人ならではの苦労があることを、このマンガで知りました。

この話以外にも、主人公(美人)がどう婚活に励み、男性と出会うことでどのような心情変化があるかなど「32歳女性の婚活のリアル」がたっぷりと描かれてますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

男性必見って、どーゆーこと?

で、このマンガは男性にこそ読んで欲しいな、と思いました。男性がイメージする「女性が行う婚活のイメージ」って、あんまり良くないと感じるんです。

  • 出会って、いきなり年収を聞く!
  • 年収1000万以上は無いとダメ!と主張
  • 我が強い! 超強い!

みたいな。

 

これはマスコミが面白おかしく報じるのでイカンのですが、婚活している女性=ガツガツしている、みたいな変なイメージが付いてしまっているところがあります。

この主人公のように、結婚したいと思い、出会いを求めてマッチングサイトに登録している方は多いし、真面目に取り組まれていると思います(実際に知人もそうです)。マッチングサイトを「出会い系の延長線上」と勘違いしている方も多いので、まずは考えを改めて頂ければ。

 

ちなみにですが、マッチングサイトも差別化が激しくなっています。CA限定や自衛隊員限定とか、ピンポイントで面白い。

■男性向け

客室乗務員(CA)×男性ハイステイタス紹介サービス『ダブルプレミアム』

■女性向け

自衛隊員限定結婚相手紹介サービス【自衛隊ブライダル】

 

そして、女性目線で、どのような男性に惹かれるかということも多々描かれており、非常に参考になります。「そんなところを見てるんだ」とか気付きがある。婚活している男性として、これは事前に読んでおいた方がいいよ。待ち合わせの調整の仕方や女性への配慮など、具体的なポイントが色々盛り込まれています。

 

まだVコミで連載中のマンガで、次巻が楽しみ。男性諸君、是非!

美人が婚活してみたら

美人が婚活してみたら

 

 

追記

購入証明を作者のとあるアラ子先生(@unmeichimai)にTwitterで送ると、イラストリクエストに対して描いて頂けますよ! ただ、見本が「カッパ風のタカコさんに〜」って、何故・・・、カッパ・・・?

 

追記2

とあるアラ子先生に、イラストを書いてもらったぞー! そしてブログも読んでくれた模様・・・! お忙しい中、誠にありがとうございました。サービス精神、旺盛過ぎる! イラストは「リポDを差し入れしてくれているタカコさん」というリクエストです。社畜全開のオーダーをしてしまった。