貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

【レビュー】Spigen(シュピゲン)のスマホ車載ホルダー・A203はエアコン吹き出し口に簡単設置出来て、いい感じ!

f:id:nigelle1221:20170619100506j:plain

こんにちは、ニャン(@bridal_nai)です。

 

いま使っておりますスマホ(VAIO Phone A)について、何度かこのブログにも書いておりますが、思った以上にバッテリーの持ちが悪く、モバイルバッテリーが欠かせなくなってきております。で、今回は車内で快適に使うために、まずはスマホ車載ホルダーシガーソケットのカーチャージャー(USB充電器)を買ったという話です。

 

スポンサーリンク

 

 

何を買ったのか? → Spigen(シュピゲン)のスマホ車載ホルダー!

今回購入したのは、みんな大好きSpigen(シュピゲン)のスマホ車載ホルダーと、みんな大好きAnker(アンカー)のシガーソケットからUSB給電出来るカーチャージャー。

ちなみに「Spigen(シュピゲン)」と読むのは、一昨日、偶然知りました。

 

そもそも、私、車を持っていないのですけど、 会社の営業車で使うために買いました。で、本日(6/19)時点で、まだAnkerのカーチャージャーがまだ届いていないのですが、Spigenのスマホ車載ホルダーがいい感じだったので、先にレビューです。

 

Spigenスマホ車載ホルダー(A203)って、どんな製品?

このSpigenスマホ車載ホルダー(A203)ですが、マグネット式になっており、スマホを固定出来るという商品です。パッケージはこんな感じ。

f:id:nigelle1221:20170619100506j:plain

 

本体はこんな感じ。この表面がマグネットになっております。

f:id:nigelle1221:20170619100545j:plain

 

裏面はこんな感じ。この先端はちょっと固いゴムになっており、エアコンの吹き出し口にグッと押し込むことではめ込むことが出来るという仕組みです。

f:id:nigelle1221:20170619100554j:plain

 

先端部分のアップ。

f:id:nigelle1221:20170619100614j:plain

 

マグネットは丸型と四角の2種類が付属しております。この「kuel」ってロゴは何なんでしょうね。正直ダサい。このロゴも「Spigen」だったらよかったんですけど。マグネットはとても強力でした。

f:id:nigelle1221:20170619100701j:plain

 

トリセツを見て、スマホのケースに貼り付けましょう。

f:id:nigelle1221:20170619100917j:plain

 

私のスマホ(VAIO Phone A)にリングを付けておりまして、このリング、マグネット対応なのです。よって、付属のマグネットを取り付ける必要がありません。はい、偶然です。偶然、マグネット対応していました。

f:id:nigelle1221:20170619100756j:plain

 

付けているリングはコイツ。

安いし、取り付けてもコンパクトでジャマにならないし、粘着力も強いし、360度回転するので使いやすいリングです。大型画面のスマホだと、リングを付けることでホールドしやすくなり、落下防止に繋がります。リングを立てればスタンドにもなる。もっと早く付ければよかった。いま商品名を改めて見たら・・・、マグネット車載ホルダー対応って書いてあった。書いてあったよ!

 

スマホ車載ホルダーとリング(スマホ設置)をくっつけた様子。ガッツリ、くっつきます。この、磁力、強力。これであれば5.5型液晶のVAIO Phone Aでも設置出来そう。

f:id:nigelle1221:20170619100822j:plain

 

 

設置してみた

というワケで、会社の営業車(スズキのアルト)に設置してみました。

 

まず、エアコンの吹き出し口に、スマホ車載ホルダーを設置します。先端のゴム部分を吹き出し口のプラスチックにグイッと押し込むイメージ。

f:id:nigelle1221:20170619105001j:plain

 

先端はゴムで切れ込みが入っており、挟めるようになってます。

f:id:nigelle1221:20170619105007j:plain

 

設置した様子。「Spigen」のロゴが傾いてますが、まぁ、マグネットとしてくっつけたら隠れるし。で、スマホを近付けると・・・、

f:id:nigelle1221:20170619105059j:plain

 

ピコンッ! 無事に設置完了! マグネットが強力なので、落ちる様子はありませんでした。VAIO Phone Aの重さが167gでして(カバーを付けても180g未満だと思う)、これより軽いスマホであれば楽勝です。

f:id:nigelle1221:20170619105105j:plain

 

 

何故、右側のエアコン吹き出し口に設置しているかというと、中央のエアコン吹き出し口に社名バレするようなものがありまして。撮影用として右側を使いました。

普段使うときは中央のエアコン吹き出し口に設置して、そこから発注中のAnker PowerDrive 2(シガーソケットUSB給電装置)へUSBケーブルを伸ばす予定です。

 

メリットはこんな感じ。

  • 運転中もバッテリー充電が出来るようになる
  • 電話着信の確認がしやすい
  • エアコン吹き出し口に設置するため、夏はスマホを冷やせる
  • 設置が手軽(固定などしなくてもOK)
  • 概ねどんな車にも設置が可能

 

※運転中はBluetoothのワイヤレスヘッドレスを付けております。長時間付けていても耳が痛くならない優れもの。音質も良く、安かった。レビューがよかったので購入。

 

逆に、冬は温風がスマホに当たってしまいますが、まぁ、これは寒くなってから考えます。カーナビを設置していない方だと、取り付けたスマホをナビ代わりとしても使えますね。

 

あとは自家用車を用意するだけ! 年内には、クルマ、欲しい!

以上、Spigenスマホ車載ホルダー(A203)のレビューでした。

保存