貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

続・タイに行きThailand!

こんばんは、ニャン(@bridal_nai)です。

 

先日「支援依頼」として書かせて頂いたエントリーについての続きとなります。心境の変化などがあり、改めて書くことにしました。ちなみに、アイキャッチの画像はベトナムです。タイのフリー画像がなかったので。そして、エントリーは文字多め。

 

※タイトルはゴー☆ジャスになりきって読んでね!

 

スポンサーリンク

 

 

目次です

 

これまでの経緯など

経緯については前回のエントリーを読んで頂くのが手っ取り早いのですが、ざっくり申しますと「タイにヤバい人がいて、非常に魅力的に感じ、自分が殻に閉じ籠もっているように思うようになり、閉塞感を打破するために『何か』を求めて自分もタイに行きたくなった」という内容です。

bridal-nai.hatenablog.com

 

「なんで、いきなりタイ?」

「タイに行ってどうするの?」

「本当に変われるの?」

「無計画過ぎない?」

「結局、どうしたいの?」

「この内容で本当に共感を得て支援頂けると思ってるの?」

 

色々と考えることはありましたが、この躊躇する自身の様子とか、言い訳を探している思考とか、そんな自分がイヤになり、「もう勢いしかないだろう!」と考えが纏まっていないうちにエントリーを殴り書きした次第です。

 

そして、支援者を募るためにpolcaで企画を立ち上げ、Amazonのほしい物リストを公開し、Bitcoinの受け取りアドレスも公開し・・・、と準備しました。

 

そして『面白い企画を考えている方であれば幾らか支援します』と告知されている方に「もしかして共感してくれるかも・・・?」とダメ元でDMを送りつけてしまったり。もう「勇気を出す」と「迷惑」の境がわかんなくなっていました。

 

そして、こんなツイートを発見したんですね。

この瀧澤さん(@TakizawaVALU)は、私がヤバいヤツ(←最大級の褒め言葉です)と認識した中島さん(@taichinakaj)に100万円を支援されたお方で、もしかしたら自分もワンチャンあるんじゃないかと思ってしまいました。

 

早速「支援について御検討頂けませんか!?」と企画概要のエントリーURLと一緒に瀧澤さんへツイート。普段、こんな失礼なことをしない人間なつもりなんですけど、なんだか感覚がマヒしていました。

 

そして、返信がこちら。

 

本当にドキッとしました。自分でも気付いていて、見てみないフリをしていたところをズバっと指摘されたというか、見透かされたというか。本当にその通りだと思いました。

 

そして「面識のない自分に対して、こんなにバサッと斬ってくれるなんて、本当に有り難いなぁ」と感じたんですね。無視されてもおかしくない内容で、何故ダメなのかを考えるきっかけを頂いたというか、逃げずに見ろと伝えられたというか。

 

そして、今回、改めてこの企画を考えるに至りました。

 

では、今後、どうするか?

最初、瀧澤さんからのご指摘を受けて企画を中止しようと思いました。polcaで支援頂いた方も数名おりましたが、返金させて頂き、無かったことにしようと。

 

しかーし、「変わりたい」と企画を立てておきながら、その着地は無いんじゃないかとも思いました。これまでのネガティブな自分と、脱却したい勢いだけの自分の攻防戦。

 

ただ、やはり「行動を変えないといけない」という結論を出し、下記方針で企画を続行させて頂くことにしました。

 

勤務先の社長に「金利0」で立て替えて頂いた借金を精算する。

 

精算方法としては、再度金融機関に借り換えの申請を行ない、個人的な借金として返済をしていこう、と。好意に甘えておりましたが、自身の問題です。改めて襟を正そう、と。

 

これについては、まず家族に打診しました。ただ、あっさとり「自分の小遣いが減るだけだから、いいんじゃないの?」と結構ドライな反応。そして、話し合いの上で、社長へ相談することに。

 

で、社長の反応としては「バカじゃないの・・・?」という感じで、反対されました。「金利0でいいって言っているのに、わざわざ金利を払って金融機関に返済していくとか、正気か?」みたいな感じで。

 

これについては、まだ結論が出ておりませんが、借り換えをする場合はだいたい10%くらいの年利のため、こちらを踏まえて返済を頑張りたいと思います。最悪、この金利を加算して返済するとか。もう少し時間を要しそうですが、むしろ当然の対応であり、どんだけ甘えていたのかと思い知る機会にもなりました。

 

ありがとうございました。

 

いま考えている企画について

そして、闇雲に支援を求めても実現しないと思い、アプローチ方法を少し変えてみました。

 

1.スマホメーカーへのタイアップ依頼

最近のスマホって「デジカメいらず」みたいなアピールをしていますよね? でも私は「まだまだデジカメ優勢」と思っている部分があります。ズームや接写、レンズの明るさ、ボケ具合などです。

スマホカメラも手軽で、最近は高性能になってきているので「これで十分」と思うこともありますけれども、旅行先で撮影するときはデジカメでキレイに残したい。

 

そんな自分が「スマホでどんな画像が撮影できるか」をタイで検証しようという企画です。別にタイじゃなくてもできるんですけど、非日常的な雰囲気をスパイスとして加えられないかな、と。

 

で、あるスマホメーカーさんに「御社自慢の(スマホの)カメラで、素人がどんな撮影をできるかをレポすることで、購買意欲を顕在化できませんかね?」と打診中。感触はよかったですが、まだどうなるかわかりません。まだ1社にしか声掛けできておりませんので、ダメであれば複数社に提案したい。

 

2.旅行会社への動画&画像販売

上記1にも少し関係しますが、タイ訪問時に動画や画像を撮影してくるので、支援をお願いしたいと提案してみました。

この画像はWebサイトなどに使うようなキレイな画像ではなく、「タイの空港のどこにトイレがあるか?」など簡易的なトリセツなどを作成する上で使う程度の画像を想定しております。添乗員との合流場所を図示する上で、画像を一緒に掲載したり。

こちらも好感触でした。ただ、1枚いくらで買い取るのか、業務委託として発注するのかは考えたい、と。また、撮影して欲しい場所などもあるそうで、どうするのかは連絡待ちの状態です。

 

3.そして、引き続き御支援をお願い致します

上記1と2も、まだ相談段階ということで、どうなるかわからないところがあります。引き続き、polcaやAmazonほしい物リストなどで御支援頂けますと幸いです。

 

支援方法1:Amazonほしい物リスト

f:id:nigelle1221:20171111151411j:plain

 

必要な荷持をAmazonほしい物リストに入れさせて頂き、ここから御支援をお願いできれば幸いです。

 

具体的には、

  • カバン
  • スニーカー
  • Tシャツ
  • パンツ
  • 防寒着
  • スマホ
  • 日用品

・・・と、プライベート関係のものはほぼ持っておりませんので、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

Amazon:ニャンさんの欲しいものリストを見る

 

支援方法2:polca

 

パスポート更新費用や渡航費関係は現金が必要になるため、企画を立ち上げさせて頂きました。ここが肝なのですが、是非とも宜しくお願い致します。

 

polca:俺よりもヤバいヤツに会いに行く! タイに行きタイ!

 

polcaのQRコード

 

支援方法3:ビットコイン

f:id:nigelle1221:20170605003743j:plain

 

アドレスを固定してあります。この方法で多分大丈夫だと思うのですが、御支援を何卒宜しくお願い申し上げます。

 

受取アドレス

15NGJdJFJqcz1Gtqohs3CJf89rZ6DP6oJK

 

ビットコイン受取QRコード

f:id:nigelle1221:20170611220122j:plain

 

最後に

企画を修正したことで2018年1月にタイ襲撃は難しくなったかもしれません。ただ、今回は「やり遂げたい」という気持ちが強くなりましたので、色々と試行錯誤しながら取り組んでみます。既に御支援頂いている皆様もいらっしゃいますので、引き続きこのブログやTwitterで進捗報告させて頂ければ。

 

きっかけを頂いた、瀧澤さん、中島さん、本当にありがとうございました。