貯金はないけど、結婚します。

貯金が無いのに結婚し、いまは子育てを頑張ってます。

魚の目が痛みだしたので「ウオノメコロリ」を使ってみたら、超簡単に治療できた。

f:id:nigelle1221:20170421004110j:plain

こんばんは、ニャン(@bridal_nai)です。

 

本日は「魚の目」の治療について。

数年前から足の裏に小さいシコリ(コリコリしているもの)ができていました。特に痛みもなかったので「イボかな?」思っていたのですが、足の裏で目立たないし、痛くもないし、放置していました。しかし、突然コイツが牙を剥き、触れると激痛を伴うようになりました。「そうか、コイツ、ウワサに聞く魚の目だったのか・・・」と敵を認識しつつ、慌てて治療したという経緯です。

 

スポンサーリンク

 

 

私の魚の目はこんな感じ。足の裏が汚く見えますが、これでも一応、風呂上がりです・・・。非常にちっちゃいのですが、歩くときに床に接地してしまうため、1歩ごとに痛みが走るようになりました。本当に痛い!

f:id:nigelle1221:20170421003400p:plain

 

そもそも「魚の目とは?」からなのですが、

 

魚の目(うおのめ)とは、皮膚の角質層の異常である。別名を鶏眼(けいがん)とも言う。特に足の裏の表皮の角質層が真皮内に向かって肥厚増殖する現象で、白色または黄白色の円形状をなす事が多い。刺激すると痛みを覚える。表皮の部分的切除では完治せず、刺激により拡大増殖を助長することもある。

 

とのこと。魚でも鶏でもいいんですけど、とにかく痛い!

 

で、皮膚科に行こうと思ったのですが、仕事が繁忙期を迎えており、なかなか行くことが出来ず。何か治療方法は無いものかとネットで調べたところ、ウオノメコロリという薬で自宅治療が出来ると知り、早速購入しました。

f:id:nigelle1221:20170421004110j:plain

 

これは近所のイオンモール内の薬局で買ってきましたが、amazonにもございます。パッケージが少し違いますが、中身は同じものとのこと。ネーミングからして「絶対に小林製薬だ!」と思ったのですが、残念ながら違いました。横山製薬さんの商品です。

【第2類医薬品】ウオノメコロリ絆創膏足指用 12個

【第2類医薬品】ウオノメコロリ絆創膏足指用 12個

 

 

 

この「ウオノメコロリ」は、液状と絆創膏タイプ2種類(足指用と足裏用)がございます。Webのレビューから、使いやすさを優先して絆創膏タイプにしました。発症した場所が足の指の根本付近ということもあったので、今回は「足指用」をチョイス。

【第2類医薬品】ウオノメコロリ液 6mL

【第2類医薬品】ウオノメコロリ液 6mL

 
【第2類医薬品】ウオノメコロリ絆創膏足指用 12個

【第2類医薬品】ウオノメコロリ絆創膏足指用 12個

 
【第2類医薬品】ウオノメコロリ絆創膏足うら用 6個

【第2類医薬品】ウオノメコロリ絆創膏足うら用 6個

 

 

スポンサーリンク

 

箱から取り出すとこんな感じ。12枚も入ってました。

f:id:nigelle1221:20170421004840j:plain

 

 

使い方は箱に記載がありました。幹部にテープの中央部分(サリチル酸ってやつ?)が当たるように貼り付け、白く軟化させるとのこと。

f:id:nigelle1221:20170421005106j:plain

 

 

絆創膏の裏側。中央の白いのがサリチル酸? 薬剤の周辺枠はクッションになっており、こいつを貼ると歩いたときの痛みも緩和されます(患部が床に当たらなくなるからね)。

f:id:nigelle1221:20170421005145j:plain

 

 

とりあえず、このウオノメコロリを患部に貼り、2日感放置。テープの粘着力も強く、靴下を履いて革靴で歩いていても剥がれることはありませんでした。

で、試しに剥がしてみたところ、貼ったところが真っ白になっていました。ただ、まだ軟化していなかったため、もう1回貼りまして、更に2日間放置しました。

 

で、再度剥がしてみたところ、患部周辺がフニャフニャになってまして、ここからピンセットなどでゴリゴリと削る作業に入ります。

 

「多分、こいつが芯かな?」ってところまで、簡単に削ることができます。しかも、削り続けると足の裏に穴が空くのですが、まったく痛みがありません。超手軽。

 

皮膚科に行く時間が無い人は、こちらで自宅理療も検討してみて下さい!

では!

 

 

保存