N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【レビュー】 超軽量「iclever Bluetoothワイヤレスキーボード」、ラップトップスタンドと組み合わせて使って欲しい!(PR)

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

今回、またicleverさまからBluetooth ワイヤレスキーボードを御提供頂きました。Bluetooth接続で、フルサイズキーボードなのにとても薄く、使い心地の良いキーボードですよ!

 

 

【概要】iclever Bluetoothワイヤレスキーボード

今回御提供頂いたのはコチラです。

 

特徴はこんな感じ。

  • フルサイズキーボード
  • Bluetoothワイヤレス接続
  • 日本語配列
  • テンキー付き
  • 充電式バッテリー内蔵
  • マルチOS対応(Window/Mac/iOS/Android)

 

※Macに関しては多少のキーボード設定が必要でしたが、そもそも純製キーボードすらデフォルト設定で使っていなかったので「まぁ、そーゆーもんだ」と思っています。

 

【レビュー】iclever Bluetoothワイヤレスキーボード

では、早速御紹介致します。まず、箱ー!

 

箱を開けるとキーボードが鎮座しております。

 

内容物は「キーボード(本体)」「充電用 micro USBケーブル」「トリセツ」「保証カード」。

 

で、箱から取り出してみての最初の感想は、

 

軽ッ!

薄ッ!

 

でした。

 

片手でも楽勝。軽くてビビる。

 

横から。薄い。

 

重さを量ったところ367gでしたが、体感的にもっと軽く感じます。

 

でも、軽いからといって、安っぽさは一切ありません。むしろ、筐体裏面に亜鉛メッキ鋼板が使われており、とても高級感があるキーボードです。

 

このキーボードはバッテリーが内蔵されている充電式でして、約2時間でフル充電ができて最大90時間くらい利用することが可能です。

キーボードの向かって右側にmicro USB端子があり、ここで充電を行ないます。

 

micro USB端子のケーブルも付帯しますが、気持ち短いかも(80cmでした)。でも、これは普段使っているmicro USB端子のケーブルでも大丈夫です。

 

使わないときは電源をOFFにできますよ。

 

このBluetoothワイヤレスキーボードですが、テンキーが付いているので、Excelなどの数字入力が多い表計算ソフトを多用する方ですと助かりますよね。

 

 

「iclever Bluetoothワイヤレスキーボード」のペアリング設定方法について(Windows 10)

ここからは、iclever Bluetoothワイヤレスキーボードのペアリング設定方法についてまとめたものになります。非常に簡単です! とりあえずWindows 10 で御紹介致します。

 

まず、設定メニューから「デバイス(Bluetooth、プリンター、マウス)」を選びます。

 

次の画面で「Bluetooth またはその他のデバイスを追加する」をクリック。

 

すると、デバイスの追加画面に画面変移しますので、上段の「Bluetooth」をクリック。

 

で、この画面になりましたら、キーボードの「Fn」と「C」を押すことで、ペアリングが開始されます。

 

ペアリングが出来たら、デバイス内に「iclever IC-BK09 keyboard」が「接続済み」になりましたらOKです!

 

「iclever Bluetoothワイヤレスキーボード」を実際に使ってみた。

私は仕事用としてSurface Laptop(13インチノートPC)を利用しております。会社ではクラムシェルっぽく使っていますが、自宅に持ち帰って使う際にはラップトップスタンドに乗せて使っております。

 

ラップトップスタンドは目線が高くなって、肩こり軽減に繋がります。ただ、その分、キーボードの位置も高くなってしまうため、外付けキーボードがあると非常に便利です。

 

Surface Laptop を外すとこんな感じ。

 

ラップトップスタンドに乗せると、こんな感じ。

 

ラップトップスタンドはsatechiのものです。

 

実際に使ってみた感想としては、個人的にパンタグラフ方式のキーボードが好きなのもありますが、フルサイズの余裕がありますのでとても打ちやすいです。また、テンキーがありますので数字は格段に入力しやすいです。

 

気になったところとしては「Enter」が小さいところ。英語配列のキーボードはこの細いタイプの「Enter」ですが、PCを使い始めてからずーっと日本語配列の大きい「Enter」に慣れておりまして、せっかく日本語キーボードであれば「Enter」も日本語配列タイプがよかったな、と。

 

あと、もう1個。個人的に「上」「下」のキーを凄く使うので、独立させて欲しかったけれども、大きさとの兼ね合いもあるので仕方ないのかな・・・。

 

という感じで、気になるのも些細なところですかね。これは「慣れ」の範疇だと思いました。

 

【まとめ】iclever Bluetoothワイヤレスキーボード

 

iclever Bluetoothワイヤレスキーボードは、こんな人にオススメです!

 

  • ノートPCをスタンドで使いたい!
  • PCデスクの上をスッキリさせたい!
  • 電池タイプのワイヤレスキーボードはイヤ!
  • 安価なキーボードが欲しいけど、安っぽいのはダメ!

 

個人的に、ノートPC(ラップトップ)は、スタンドに乗せて使うと生産性がグーっと高くなると思っています。繰り返しとなりますが、コレだけで目線が高くなり、肩こり防止になりますんで! そんなときにこの外付けキーボード、便利ですよ!

 

※外付けディスプレイを用いて、クラムシェルっぽく使うのもオススメです!

 

いま作業机はこんな感じ!

 

icleverさんのキーボードは、こちらも是非!

bridal-nai.hatenablog.com

 

では!