N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【レビュー】Lenovo 500e Chromebook、ファースト・インプレッション!

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

5/15に国内発売となっておりました「Lenovo 500e Chromebook」につきまして、ディストリビュータさんから入荷したとの連絡を頂き、ソッコーで発注しました。

 

届いて1週間くらい経過しておりますが、初めてのChromebook端末ということで、まだ機能を使いこなせておりません。というワケで、今回はファースト・インプレッションということで、概要について御紹介できれば!

 

スポンサーリンク

 

 

 

【事前補足】Lenovo 500e Chromebook 購入経緯について

この Lenovo 500e Chromebook ですが、国内版を購入しております。海外版を購入して日本発送させたものではありません。

 

このモデルですが、残念ながら2018年7月時点でまだ国内のコンシューマ展開を行っておらず、法人チャネル(文教系中心)での販売となっております。

 

というワケで、仕方ないため「ディストリビュータ → 知人会社 → 私」と、1社会社を挟み、入手することができました。

 

で、その1社挟んだ会社の御厚意に甘え、手数料の上乗せはナシで購入させて頂きました。購入金額は約55,000円(税抜)でございます。ありがとうございました。

 

価格だけを他のChromebook(AcerとかASUSとか)と比較すると「ちょっと高いかな?」と思いましたが、ThinkPadで培った堅牢性などが反映されているということで「使ってみたい、試してみたい!」という気持ちが上回りました。

 

「アレー? これ、このルートで仕入れさせてもらい、少し手数料を上乗せして転売できるんじゃねーの?」とワタクシの中の悪魔(守銭奴)が囁いておりますが、まぁ、ねぇ・・・。でも、今後も法人のみの展開されるアイテムは同じルートで仕入れられそうです。

 

2018年7月25日 追記

また、このモデルですが、Lenovo 公式オンラインストアで販売も開始されておりました!

Lenovo 500e Chromebook

  

気になる方はコチラからチェックしてみて下さい!

■Lenovo 公式オンラインストア: ▶Lenovo 500e Chromebook

 

 

スポンサーリンク

 

【概要】Lenovo 500e Chromebook

Lenovo 500e Chromebook の主要スペックはこんな感じ。

 

■Lenovo 500e Chromebook

CPU詳細 インテル Celeron プロセッサー N3450
メインメモリ(標準) 4GB
ストレージ容量 32GB
光学ドライブ なし
ディスプレイ詳細 LEDバックライト付 11.6型 HD IPS液晶(1366x768ドット、1,677万色以上、16:9)、マルチタッチ対応(10点)、光沢なし、ゴリラガラス
ディスプレイサイズ 11.6型
解像度 1366×768
外部ディスプレイ出力 なし
外部ディスプレイ解像度 4096x2160ドット
メモリカードスロット あり、microSDメディアカードリーダー
有線LAN なし
無線LAN インテル Dual Band Wireless-AC 7265 ac/a/b/g/n:802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、802.11ac対応
その他無線データ転送 Bluetooth v4.2
USB USB 3.0 x 2 (本体x2)、USB 3.1 x 2 (本体x2)
その他インターフェース マイクロフォン/ヘッドフォン・コンボ・ジャックx1
キーボード あり、フルサイズ・キーボード (6列)、78キー 、JIS配列、タッチパッド
本体サイズ(H×W×D) 20.35x290x204
本体重量 1350
電源 ACアダプター AC 100-240V(50/60Hz) 45W
附属品 Lenovo USB Type-C 45W ACアダプター、電源コード、マニュアル類、Lenovo 電子ペン

 

Lenovo 500e Chromebook についての詳細スペックは、以前、エントリーを纏めました。是非ともご覧下さい。

 

関連記事:▶2018年5月15日に日本国内発売となっていたけど音沙汰のない「Lenovo 500e Chromebook」について、スペック表をもらった。 - N-blog 

bridal-nai.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

【レビュー】Lenovo 500e Chromebook

では、早速、御紹介致します。

 

①外観について

Lenovo 500e Chromebook はプラスチック筐体となります。このカーボンっぽい加工、昔のThinkPadを思い出します。

 

で、黒い筐体の宿命なのですが、指紋や手の脂などは結構目立ちますね。つーか、この画像のトラックパッドの左側、最初から汚れていたんすけど、Lenovoさんよ・・・。

 

厚さはこれくらい。普段、MacBook Air と Surface Laptop を使っていますので「厚いなぁ」とは思いました。重さも約1.3kgありますので、ずっしりしますね。文教系での展開とありますが、小学生にはちょっと重たいかなー?

 

このLenovo 500e Chromebook は、液晶部分が360度回転するモデルになります。普段はこのようにフツーのノートPCっぽく使えますが、

 

 

まずフラット。

 

ブリッジ、

 

タブレット、

 

・・・と、切り替え可能です。後ほど御紹介致しますが、タッチペン(スタイラスペン)が付帯しますのでタブレットモードの活用が楽しそうです。

 

②キーボード

キーボードはフルサイズで、キーピッチの狭さを感じることはありませんでした。また、国内展開用ということで日本語キーボードのみの販売でした。

 

この Lenovo 500e Chromebook の発表時、各サイトの紹介文(枕詞)は「ThinkPadのような〜」と書かれていたので「あのThinkPadの、あのキーボードなのかな!?」と期待していたのですが、残念ながら肩透かし。いや、私が勘違いしていただけなんですけど。

 

しかーし、実際に触ってみたところ、モノ凄く打ちやすいキーボードでした! 適度な重さがあり、安っぽさはまったく感じられず、打ちやすい! いいですね!

 

あと、キーボード側にもカメラがあります。

 

最初、このカメラについて「何に使うんじゃろう?」と思ったのですが、タブレットモード時に撮影できるよう、設置してあるそうです。教えて頂きました。なるほどー!

 

③端子

端子は非常に充実しております。

 

まず、液晶画面に対して左側から。USB Type-C、USB 3.0、micro SD 、イヤホンジャックがあります。USB Type-C は充電も兼ねております。

 

次は向かって右側。音量ボタン、電源ボタン、USB 3.0、USB Type-C 、セキュリティホール(ワイヤーを繋ぐところ)があります。ボリュームボタンは珍しいですね。

 

汎用性のある端子として、

  • USB Type-C ✕ 2
  • USB 3.0 ✕ 2

・・・があれば、外付けの拡張が無くても端末のみで完結できそうです。最近はUSB Type-C 端子で映像出力もできますしね。また、micro SDがあるのは高評価!

 

④電源アダプター

電源アダプターは一般的なサイズでした。片手で持てるくらい。

 

重さは295g。缶コーヒー1本分くらいかな。

 

いろんな国の規格でしょうか。びっちりと色々なマークが表記されております。

 

出力は45W。しっかり刻印されており、主張が強い。

 

端子はUSB Type-C。非常に汎用性が高いので、どのメーカーも独自規格はヤメて、USB Type-C 充電に統一して欲しいところです。

 

⑤タッチペン(スタイラスペン)

このLenovo 500e Chromebook は、タッチペン(スタイラスペン)が付帯するのが特徴の1つです。ちなみに、500eと一緒に発売された300eには付帯しないのですが、こちらは「鉛筆」が使えるそうな。すごい。

 

付帯するタッチペン(スタイラスペン)は「EMRペン」という種類で、本体に格納されており、必要なときに取り出す仕組みとなっております。

※「ERMペン」とは電磁共鳴技術というものを用いたタッチペン(スタイラスペン)で、電源がいらないというメリットがあるようです。へー。

 

ペンは背面(底)に格納されております。

 

これが、

 

こうなって、

 

こうなのです!

 

先端はこんな感じ。

 

これくらいの大きさです。細め。

 

⑥液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイは11.6型。解像度は1366✕768ということで概ね16:9になります。HD FWXGA (Full-WXGA)という規格にあたるようで、一世代前のノートPCによく使われていたみたいです。

 

左側にはLenovoのロゴ、

 

右側にはモデル名(500e)が。

 

ベゼルは太めで、最初は違和感を感じましたが、まぁ、慣れですね。光度は一般的なノートPCと思って頂いて問題ございません。

 

こんな感じ!

 

<追記>

2週間利用したレビューはコチラです!

 

関連記事:▶【レビュー】Lenovo 500e Chromebookを購入して2週間が経過。初期設定やちょっとしたカスタマイズなどについて。 - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

 

あると便利な周辺機器について

端子が非常に充実している Lenovo 500e Chromebook ですが、プラスワンとして「これがあると便利だな!」と思うものについて御紹介致します。

 

satechi アルミニウム USB Type-C マルチメディアアダプター

 

このブログでは何度か書いておりますが、私が「有線LAN信者」のため、イーサネットアダプター(有線LANアダプター)があると、心の平穏を保つことができます。

 

また、micro SD は読み込めるものの、デジカメなどではフルサイズのSDカードをよく使うため、このsatechiのメディアアダプターがあると便利です。

 

micro SD は本体で読み込めるのでアレですが、

 

フルサイズのSDが読み込めるといいですよね。

 

フルサイズのSDスロットが付帯していれば、アダプターを使うことでmicro SDを読み込ませることができますが、micro SDスロットですと、フルサイズが入らないので、逆だったらよかったな。最近はサムソンのようにアダプターを使っても読み込み速度が落ちないものもありますし。

 

これ、安くて安定しており、いいですよ!

 

 

Satechi USB急速充電器 トラベルチャージャー

 

 

USB Type-C 充電ができるということで、この Satechi USB急速充電器 トラベルチャージャー が威力を発揮致します!

 

もう、充電端子は USB Type-C に規格統一して欲しいところ。

 

ケーブルはPD対応のものを使いましょう。

 

Satechi PCキャリーケース

Lenovo 500e Chromebookと、上記のマルチメディアアダプター&USB急速充電器 トラベルチャージャーを持ち運ぶのに使っています。どうせなら、全部Satechiで統一してしまえ!と。

 

15インチサイズだとPC端末以外に余裕を持って周辺機器を入れられるのでオススメです。13インチサイズと価格は変わらないし。デザインも可愛くて好きです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

初めてのChromebookということで、まだまだ操作方法を模索している状況です。今後は、このChromebookを持ち出して、外でブログ更新ができたらいいなぁ、と思っております。ちょっと重たいけれども。

 

まずは、

  • タッチペンを有効活用したい!
  • 簡単な画像加工方法はないか?
  • 使いやすいテキストエディタはないか?

など、調べてみたいところです。

 

引き続き利用報告ができればと思います。

オススメの使い方とか、是非とも教えて下さい!

 

Lenovo 500e Chromebook 購入について

購入は、Lenovo 公式オンラインストアで可能です!

Lenovo 500e Chromebook

  

気になる方はコチラからチェックしてみて下さい!

Lenovo 公式オンラインストア: Lenovo 500e Chromebook

 

 

2018年7月24日 追記

初期設定などについて、

改めてレビューを作成致しました。

 

こちらも是非!

 

関連記事:▶【レビュー】Lenovo 500e Chromebookを購入して2週間が経過。初期設定やちょっとしたカスタマイズなどについて。 - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

 

では!