N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【レビュー】物撮り強化のため、Manfrotto(マンフロット)のミニ三脚「PIXI EVO」を買った!

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

今回、三脚業界の雄・Manfrotto(マンフロット)のミニ三脚を購入しました。卓上で物撮りするときにブレずにキレイに撮れたらいいな、と思ったので。

 

3,000円くらいでしたが、コンパクトで機能面もしっかりしており「さすが、ウワサのManfrotto!」ってなりましたよ!

 

 

【概要】買ったManfrotto(マンフロット)のミニ三脚「PIXI EVO」について

購入したのはコチラです。

 

キレイな物撮りがしたくなったのは、

  • ブログに掲載する画像の手ブレをなんとかしたい
  • 不用品を物販したくて、写真をキレイに撮りたい

・・・という2点の理由から。

 

また、これまでヤフオクもメルカリもあんまり出品してきませんでしたが、写真がキレイだと落札価格も多少アップすると聞いたもんで。撮影の練習にもなるしね。

 

 

 

【理由】何故、Manfrotto(マンフロット)のミニ三脚「PIXI EVO」を買ったのか?

今回購入したのは「ミニ三脚」というカテゴリーのものになります。主に卓上で使うようなイメージでしょうか。

 

このミニ三脚では、このManfrotto「PIXI EVO」と、JOBYの「ゴリラポッド」が有名です。

 

ゴリラポッドは脚がポール関節方式を採用しており、グニャっとなります。また、マグネットにもなっており、磁石がくっつく金属に固定させることも可能です。

 

こんな感じ。

 

屋外撮影ですと、威力を発揮しそうなゴリラポッドですが、私の場合は、室内撮影がほとんどだと思い、脚がガッチリしているマンフロットを選んだというワケです。

 

また、今年はカメラに詳しくなりたいという目標がありまして。

 

ガジェット系YouTuberさんの動画を見漁っているのですが、みなさんマンフロットの三脚を使っていて(みなさんが使っているのはガチの三脚ですが)、マンフロットにちょっと憧れていたということもあります。

 

憧れのマンフロットのマーク。

カッコいい。

 

マンフロットのロゴ。

カッコいい。

 

 

 

【レビュー】Manfrotto(マンフロット)のミニ三脚「PIXI EVO」について

では、早速御紹介致します。

 

まず、このマンフロットの PIXI EVO ですが、開脚角度を55度と80度に切り替えることができます。角度は側面にレバーがあり、これで切り替えます。

 

55度スタイル。

 

80度スタイル。最低10.5cmまで下げることができるため、ローアングル撮影が可能になります。

 

また、脚を伸ばすことも可能なのです。各脚にボタンが設けられており、押しながら引っ張ることで脚が伸びます。5段階の調整ができます。

 

最大まで伸ばすと、こんな感じ。

 

伸ばした状態で開脚も可能。これらの調整で、より被写体に合わせることができるようになっております。

 

また、上部は「ボール雲台」となっており、ヌルヌルと角度調整を行うことができます。ボール雲台を動かすときは、マンフロットのマーク部分をクルクル回すだけでOK。

 

さらに、緩めた状態で90度倒すことも可能。

 

こちらはカメラ(Nikon 1 J5 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8)をセットしたところですが、

 

こんな感じでボール雲台を90度倒すと、縦撮りが可能になります。凄くない!?

 

ちなみに、普段、PIXI EVOに乗せているカメラはSONYの α6000 です。レンズ込みで約500gですが、ガッチリ固定してくれており倒れるようなことはありません。

 

カメラとは、雲台の上のこのネジで固定します。

 

カメラ側にも三脚穴がありますので、三脚側のネジとここを合わせてクルクル回せば固定されるという仕組みです。

 

これについては、三脚からカメラを取り外したり、また付けたり・・・、という行為が非常に面倒になりましたので、クイックシューというものを設置しました。

 

この詳細については下記レビューを御覧ください。非常に素晴らしいアイテムですので、是非とも。

 

関連記事:▶【レビュー】カメラと三脚を脱着するのにネジをクルクルするのが面倒くせぇ! というワケで、Velbonのクイックシューセットを買った! - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

 

 

まとめ

これで手ブレを起こさず、キレイな画像(物撮り)ができるのではないでしょうか?

 

基本的に1人でブログ運営を行っていますので、カメラのタイマーを活用することで両手を使うこともできるようになりましたし、今後は動画にもチャレンジしたいと思っていますので手ブレ対策は重要です。

 

価格も手頃ですので、最初の1台目としてオススメのミニ三脚ですよ!

 

今回御紹介したのはコチラです。

 

 

では!