N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

乃木坂46ドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」をAmazonビデオでレンタルした。

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

いま、ワタクシに、空前の乃木坂46ブームが訪れております。何がきっかけだったのかよくわからないのですが、突然訪れました。まだハマりはじめて1ヶ月くらい。

bridal-nai.hatenablog.com

 

で、そんな乃木坂46のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」がAmazonビデオでレンタルできたので観てみました。

 

なんだろう。「華麗な白鳥の舞を期待して借りたら、2時間ずっと、水面下の水かきの様子を纏めた映像だった」みたいなドキュメンタリー。でも、メディアには映されない裏側の葛藤や心理状況が赤裸々に語られており、最後は「あー、こうやって国民的アイドルグループに成長したんだなぁ」と、より応援したくなるような内容でした。

 

そして、今年36歳になったオッサンですが、放送時間の6割くらい泣きながら観てました、ハイ。

 

スポンサーリンク

 

悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46

悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46
 

Amazonビデオでは、24時間レンタルと映像購入が選択できます。24時間レンタルは400円、映像購入は標準画質が2,000円、高画質が2,500円。今回は24時間レンタルをチョイス。

 

ちなみに、メディア版(Blu-ray、DVD)もあります。

 

「コンプリートBOX」って何が違うのかと思ったら、更に特典映像ディスクが3枚も付帯する模様。ヤバい、見たい。

内容紹介

正統派美少女グループ、乃木坂46の“真実"とは?
メンバーへの密着インタビューと母親のみが知るエピソードで迫る
乃木坂46初のドキュメンタリー映画が待望のリリース!

 

●乃木坂46の真実へと迫る、初のドキュメンタリー映画!
●イベント映像集や未公開映像などを含む秘蔵映像を収録したファン必見の特典内容!
●公開日に乃木坂46が全国劇場行脚し、スマッシュヒットを記録!

 

【収録内容】
本編DISC
■本編
特典DISC1
■初日舞台挨拶~全国巡り~
公開初日、関東圏を初め、北海道から福岡まで全国の劇場を巡った乃木坂46メンバーたち。各劇場での舞台挨拶の様子、さらにお台場で集結し、初めてのファンの前で披露した「悲しみの忘れ方」の歌唱シーンを収録
特典DISC2
■本編未収録映像集
本編には入る事のなかった、インタビューや撮影素材を収録
特典DISC3
■メンバーが振り返る~アナザーヒストリー
本編には入らなかったものの、乃木坂46のターニングポイントとなった出来事を、当事者の言葉を交えて振り返る様子を収録

 

【封入特典】
■ブックレット
■生写真5枚(※ランダム封入)
本編DISC Blu-ray
本編119分/2層(BD50G)/1080p High Definition/16:9 ビスタサイズ/音声:1日本語5.1ch ドルビーTrueHD

 

登場人物について

ネタバレはあんまり書きたくないので、オブラートに包みながら。この「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」ですが、登場人物は結構(相当)絞られております。

 

メイン

  • 生駒里奈
  • 西野七瀬
  • 橋本奈々未
  • 白石麻衣
  • 生田絵梨花

サブ

  • 桜井玲香
  • 松村沙友理(スキャンダル絡み)
  • 若月佑美(スキャンダル絡み)
  • 高山一実
  • 秋元真夏

みたいな感じ。あとは、齋藤飛鳥、星野みなみ、伊藤万理華など1期メンバーがチョロっとインタビューに答えるみたいな。つまり、乃木坂46のドキュメンタリー映画なのですが、映らない(取り上げられていない)メンバーの方が多いのです。

 

内容について

内容としては、

  • 過去映像(オーディションから撮ってあるって凄い)
  • メンバーのインタビュー
  • メンバーの母親からのメッセージ朗読

で構成されております。

 

最初「お母さん、朗読、上手いなぁ」と思って聞いていたのですが、女優の西田尚美さんが代読されておりました。2人目のメンバーに切り替わったとき「あれ? お母さんの声、似てるなぁ」と思い、3人目のメンバーに切り替わったとき、「あっ、同じ声だ! あっ、西田尚美さんだ!」って気付きました。アホですみません。

 

デビューのきっかけや、お披露目ステージ、「16人のプリンシパル」のようなイベントごとの区切りで「あのときどう思っていたか」が語られます。これが、まぁ、苦労話が多くって。普段、乃木坂工事中(旧「乃木坂って、どこ?」)などのテレビ番組で和気あいあいと活動している様子しか知らなかったので、こんな裏側があったとは驚きでした。

AKB48の公式ライバル設定とか、葛藤があったんですね。

 

やはり、初期の中心メンバーである生駒里奈の映像が多め。AKB48の兼任とか話題もたくさんあったしね。その重圧や周囲のフォロー、成長の様子など、生々しい映像が流されます。

 

そして、最後は堀未央奈が全てを持っていく。

終盤あたりで「このドキュメンタリーに、2期メンバーは登場しないのかな?」と思っていたら・・・、ですよ。最後の数分で堀未央奈が登場しまして、ガサッと全てを持っていきました。あの演出はズルいし、凄い。運営の堀未央奈に対する期待が伺えます。

演出も加えられていると思いますが、苦難を乗り越えて吹っ切るという決意を一瞬で視聴者に与えるという力技。

 

堀未央奈さん、

頑張って欲しいなぁと思いました。

 

 

そんな乃木坂46のドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」、是非見てみて!

悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46
 

 

おしまい!