N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【レビュー】RAVPower 容量26800mAhのモンスターモバイルバッテリー! PD対応アイテムを揃えることで、デバイスの充電環境が劇的に改善致します!(PR)

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

今回、RAVPowerさまから

・・・というUSB Type-C PD対応している2アイテムを御提供頂きました。誠にありがとうございます。

 

ちょうどPD対応しているChromebook(Lenovo 500e Chromebook)を購入したこともあり、既にフル活用させて頂いているのですが、USB Type-C端子搭載のスマホやPCも増えてきましたので参考になれば!

 

 

提供頂いたアイテムについて

今回御提供頂いたのはコチラの2点です。

 

USB Type-C PD対応 26800mAhモバイルバッテリー

 

USB Type-C PD対応 ケーブル(0.9m + 1.8m) 

 

どちらも冒頭に御紹介致しました通りUSB Type-C・PD対応アイテムです。

■PDとは?

Power Deliveryの略。認証されたPD対応USBケーブルを使用することで20 V、100 Wまでの電源供給が可能となる。

ユニバーサル・シリアル・バス - Wikipedia

 

USB Type-Cは非常に汎用性が高い端子です。高速データ転送が可能で、その上、PD対応ですと電源供給も可能となります。

 

独自規格のACアダプターからUSB Type-C端子のACアダプターに切り替えているメーカーも多いですよね。ここ最近のAppleのMacBookとか。汎用性の高い端子に切り替わることで、ノートPCもスマホもタブレットも、同じ充電器が使い回せたりするため、非常に便利なのです!

 

またRAVPowerデバイスは標準で18ヶ月の製品保証が付帯し、更にユーザー登録を行うことで+12ヶ月間の保証が追加されます。合計30ヶ月! 安心して利用することができますね。

 

それでは、個別に御紹介致します。

 

【概要】USB Type-C PD対応 26800mAhモバイルバッテリー

まず、早速USB Type-C PD対応 26800mAhモバイルバッテリーから御紹介致します。

 

Happy?

 

はい、内容について。本体、ポーチ、USB Type-Cケーブル(約100cm)、micro USBケーブル(約40cm+約60cmの2本)がございました。

 

本体はこんな感じ。 

 

どうですか、この存在感!

26800mAhと、非常に大容量。

 

縦にしてみたところ。

 

重量は462gでした。缶ジュースと同じくらいかな。

 

ここから本体についてを御紹介。まず、電源ボタンとインジケータランプが上段部分にあります。インジケータランプは4つあり、4段階でバッテリー残量をお知らせしてくれます。

 

側面の端子部分はこんな感じ。

 

左から

  • micro USB ✕ 1(input)
  • USB Type-C ✕ 1(input & output)
  • USB 通常 ✕ 2(output)

と4つあります。

 

USB Type-C はこのモバイルバッテリーへの充電(input)でも使えますし、スマホやノートPCをなどへの充電(output)にも使えます。1ポートを切り替えて使います。

※このinputとoutputの切り替えは、電源ボタンの長押しで切り替えます。 

 

また、通常サイズのUSB部分はRAVPower独自の「iSmart」という急速充電機能に対応しており、安全かつスピーディーに充電を行うことが可能です。

■iSmartとは?

iSmartテクノロジー搭載の製品は、内蔵チップが接続された機器を自動的に検知し、各機器に適した電流を送ります。そのため、ほぼ全ての機種に対して、スピードを制限されることなく充電することができます。

https://www.ravpower.jp/ismart

 

このモバイルバッテリーが凄いのは、3台同時に充電ができること。バッテリー容量26800mAhと十分で、3台同時に充電しても容量不足になることは稀だと思います。

 

個人的な使い分けとしては、

  • USB Type-C:ノートPC(Lenovo 500e Chromebook・PD対応)
  • USB 通常    :スマホ、タブレット

みたいな感じ。

 

やはりノートPCの給電が可能なのは非常に便利です!

 

このモバイルバッテリー自体の充電については、PD対応充電器を用いてUSB Type^C端子で充電すれば5.5時間くらいでフル充電が可能です。

 

大容量モバイルバッテリーを利用されている方であれば「速いな!」と実感して頂けるのではないでしょうか。

 

最後に付属のケースについても御紹介しておきます。当たり前ではあるのですがジャストサイズ!

 

ジャストサイズ! 見えませんが付属のケーブル(USB Type-C)も一緒に入っています。持ち運び時にどうぞ!

 

USB Type-C PD対応 26800mAhモバイルバッテリーの概要はこんな感じ!

 

【概要】USB Type-C PD対応 ケーブル(0.9m + 1.8m)

次にUSB Type-C PD対応 ケーブル(0.9m + 1.8m)について御紹介致します。

 

USB Type-C PD対応 26800mAhモバイルバッテリーにはUSB Type-Cのケーブルが1本付属しております。しかし、自宅で、外出先で・・・、と利用する上で何本でも持っていたいのがケーブルなのです。

 

そんなUSB Type-Cケーブル(PD対応)が2本セットになったUSB Type-C PD対応 ケーブル(0.9m + 1.8m)も御提供頂きました。

 

2本の違いは長さとなります。

  • 0.9m
  • 1.8m

の2本セット。利用したいデバイスごとに使い分けが可能。

 

両端子共にUSB Type-C端子。

 

このUSB Type-C PD対応 ケーブル(0.9m + 1.8m)の特徴は「高耐久軍事用素材採用」という点です。なんと「12000回以上の折り曲げテストされても断線すること無く使えることが確認済み」とのこと。

 

安価なケーブルは断線することが多く、結局は「最初から高品質なケーブルを買っておけばよかった!」となることもしばしば。まさしく「安物買いの銭失い」状態。

 

しかし、このUSB Type-C PD対応 ケーブル(0.9m + 1.8m)は、2本セットにもかかわらず価格は1,399円とコスパが高いのも嬉しいポイント。2本セットですからね!?

 

USB Type-C PD対応 ケーブル(0.9m + 1.8m)の概要はこんな感じ!

 

【概要】USB Type-C PD対応 充電器 36W 2ポート

そして、今回レビューの機会を頂いたこともありRAVPowerさまの充電器を購入してみました。購入したのはコチラです。

 

USB Type-C PD対応 充電器 36W 2ポート

 

前述のUSB Type-C PD対応 26800mAhモバイルバッテリーにはUSB Type-Cのケーブルが1本付属しているのですが、充電器は付属しておりません。ここ、注意ポイントです。

 

せっかくPD対応しているということもあり、PD対応の充電器を利用しなければもったいないということでこの充電器を購入してみました。

 

このUSB Type-C PD対応 充電器 36W 2ポートは、USB Type-C ✕ 1ポートとUSB 通常サイズ ✕ 1ポートの合計2ポートございます。

 

横から。

 

折りたたみ式のコンセント部分を伸ばしたところ。

 

この充電器も急速充電機能「iSmart」に対応しています。

 

持ってみたところ。非常にコンパクト。

 

非常に薄型コンパクト。

 

このUSB Type-C PD対応 充電器 36W 2ポートは、USB Type-C(PD対応)では最大30Wでの出力が可能。2ポート合計で最大36W出力ができる充電器です。

 

USB Type-C ✕ 1ポートとUSB 通常サイズ ✕ 1ポートの合計2ポートありますので、概ねどのデバイスも充電が可能な便利仕様。

 

PD対応の機能を最大限に活用するには、

  • 充電器
  • ケーブル
  • デバイス(スマホやノートPC)

・・・の全てがPD対応していることが条件となります。

 

USB Type-C PD対応 26800mAhモバイルバッテリーを購入する際には、USB Type-C PD対応 充電器 36W 2ポートもセットで購入することをオススメ致します。

 

【余談】「RAVPower USB Type-C PD対応 充電器 36W 2ポート」の改善要望ポイント

このUSB Type-C PD対応 充電器 36W 2ポートについて、次期モデルではココを改善して欲しいなと思うところが1つだけありました。

 

折りたたみ式のコンセント部分が超収納されてしまっているため、深爪なワタクシとしては、なかなか引っ張り出せないのです・・・!

 

横から見たら、ほぼ出ていない・・・! 爪で「カリカリカリカリ・・・!」と引っ張り出すことを試みますが、毎回苦戦します。

 

これは他メーカーさんの折りたたみ式コンセント部分ですが、これくらい出てくれていると引っ張り出しやすい・・・!

 

というワケで、深爪代表からの次期モデル改善要望でした。あと1mmくらいで結構ですので、何卒・・・!

 

USB Type-C PD対応 充電器 36W 2ポートの概要はこんな感じ!

 

私のRAVPower充電アイテム利用方法について

ここからは私の利用方法について御紹介致します。

 

主に利用するのは冒頭にも記載しましたPD対応のChromebook(Lenovo 500e Chromebook)です。このLenovo 500e Chromebookについての詳細レビューはコチラを御参照願います。

 

関連記事:▶【レビュー】Lenovo 500e Chromebook、ファースト・インプレッション! - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

関連記事:▶【レビュー】Lenovo 500e Chromebookを購入して2週間が経過。初期設定やちょっとしたカスタマイズなどについて。 - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

まず充電器についてなのですが、RAVPower充電アイテムに置き換えられるのは非常に大きなメリットになります。

※Lenovo 500e Chromebook 純正の充電器

 

 

まず、Lenovo 500e Chromebookの純正充電器の重さが297gなんですね。

 

これがRAVPower充電アイテムに切り替えると173gになります(USB Type-Cケーブルは1.8mで計測)。その上、コンパクトにもなります。一目瞭然ですよね。

 

これだけで、もうメリット絶大。純正は45W出力に対して、RAVPower充電アイテムの組み合わせ(充電器とUSB Type-Cケーブル)では30W出力になりますが、持ち運びの利便性とのトレードオフだと思っています。

 

またUSB Type-C PD対応 26800mAhモバイルバッテリーでも給電が可能なため、コンセントを探すこともなくなりました。もうコンセント難民にならなくてもいいんですよ。繰り返しとなりますが、ノートPC以外にスマホを充電しても余るバッテリー容量ですからね。

 

使い分けとしては、

・・・という感じ!

 

ノマドワーカーさんの永遠の課題である「電源確保」が、コレで解消されるのではないでしょうか。ただ「PD対応」という前提ですので、要注意!

 

まとめ

今回、RAVPower充電アイテムを3つ紹介させて頂きました。やはり「PD対応」ということで充電環境が劇的に改善するのではないでしょうか。

 

充電機器は製品性能に左右されることが多々あり、信頼できるメーカー選びが重要となります。製品選択の参考になれば幸いです。

 

今回紹介したRAVPower充電アイテム

USB Type-C PD対応 26800mAhモバイルバッテリー

 

USB Type-C PD対応 ケーブル(0.9m + 1.8m) 

 

USB Type-C PD対応 充電器 36W 2ポート

 

関連記事

以前、ミラーレス一眼カメラ(SONY α6000)用に購入したRAVPowerの互換バッテリーを購入した際についてのエントリーです。コチラも是非!

 

関連記事:▶【レビュー】コスパ高い!? ミラーレス一眼カメラ SONY α6000 の互換バッテリー「RAVPower RP-PB056(NP-FW50 互換バッテリー 2個 + 急速充電器セット)」を買った! - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

では!