N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【レビュー】 Satechi「USB急速充電器 トラベルチャージャー」があれば、USBデジタルデバイスの充電はコレ1台に集約可能!

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

今回、SatechiさまからSatechi USB急速充電器 トラベルチャージャーを御提供頂きました。いつもありがとうございます。トラベルチャージャーという名称通り、充電ポートを4つ有しており、これ1つあれば安心してどこにでも行けるよ!ってアイテムです。

 

今回、特別に本アイテムが15%OFFとなるクーポンも御提供頂きました。商品紹介の最後に掲載されておりますので、是非ともご活用下さい!

 

【概要】Satechi USB急速充電器 トラベルチャージャーについて

今回御提供頂きましたUSB急速充電器はコチラです。

 

製品概要としましては、

  • USB Type-C(Power Delivery)× 1
  • USB Type-A USB 3.0(Qualcomm Quick Charge 3.0)× 1
  • USB Type-A USB 2.0 × 2

・・・の、4ポートを有しているUSB急速充電器で、なんと最大75W出力が可能なパワフル充電器です(USB Type-C PDポートは最大60Wまで)。

 

【レビュー】Satechi USB急速充電器 トラベルチャージャーについて

では、早速御紹介致します。

 

いつものことながら、箱の段階で高級感が凄い。

 

中身は、充電器本体、電源ケーブル、トリセツ。各デバイスと接続するケーブルは付帯しておりませんので、御注意願います。

 

本体はこんな感じ。概ねスマホと同じくらいのサイズです。横から。

 

厚みはこんな感じ。

 

本体の重量は216g。筐体は金属っぽく見えますがプラスチック加工。

 

電源ケーブルを加えると282g。

 

 

表側の充電ポートは、上から・・・

  • USB Type-C(Power Delivery)× 1
  • USB Type-A USB 3.0(Qualcomm Quick Charge 3.0)× 1
  • USB Type-A USB 2.0 × 2

・・・の順番で並んでいます。

 

写真だとUSBポートの場所が見づらかったので、マークしました。

 

裏側に電源ケーブルを差し込むところがあります。

 

この電源ケーブルは結構強めに挿し込む必要があります。抜くときも同様に力が必要。まぁ、抜けやすいと意味がないのでアレですが。

 

最近はノートPCの電源供給がUSB Type-C端子に切り替わっているものも多く(例えばMacBookやMacBook Proとか)、コレ1つあればノートPCも、スマホも、タブレットも、デジカメも、複数のUSBデバイスを同時に充電ができるという優れものというワケです。

 

また、複数デバイスを同時充電する際に、最大75Wというパワフルな供給が可能なため、充電速度が早いというのもメリットになります。

 

ちなみに、先日、同じくSatechiさまに御提供頂きました「ノートパソコン キャリーケース (15インチ) 」に、USB急速充電器 トラベルチャージャーを入れてみました。

 

キャリーケースはコチラです。

 

ノートパソコンに「13インチノートPC(HP Spectre x360)」と「Satechi USB急速充電器・トラベルチャージャー(本体・電源ケーブル」を入れてみたところ。わかるかな?

 

入れていることをわかりやすくするためにポケットからはみ出させていただけで、当然ながらちゃんと収納できます。容量的にはまだまだ余裕があります。いいね!

 

【注意点】USB Type-C Power Delivery について

そんな、IT業界を席巻している「USB Type-C」端子ですが、「Power Delivery」という規格があります。今回の 「Satechi USB急速充電器・トラベルチャージャー」も、前述の通りUSB Type-C Power Deliveryに対応しています。

■USB Type-C Power Deliveryとは?

2012年7月に最初のバージョン(USB PD1.0)が発表され、1本のUSBケーブルで100Wまでの電力を供給する仕様が定められました。100Wというのは、かなりの電力です。15型程度のノートPCの消費電力は60W前後、A3版用インクジェット複合機は30W前後です。各装置がUSB PDに対応していれば、USBハブからノートPCに給電し、同じハブからモニターに給電することが可能です。電圧も5Vに限定されません。 USB PDの普及により、ノートPCとさまざまな周辺機器で別々のACアダプタを用意し、何本ものケーブルを使って電力を供給する必要がなくなり、USBケーブルに給電と通信を統合できます。会社や自宅PC周りの配線はスッキリするでしょう。

参照:USB PDとは? 暮らしが変わる新しい電源供給技術を徹底解説 (1) | ルネサス エレクトロニクス

 

この規格 をフル活用するためには、充電器も、ケーブルも、デバイスも、それぞれがUSB Type-C Power Delivery に対応している必要があります。

 

特に、Apple製品(iPad Pro、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus)を急速充電させるためには、高出力対応の上に、Apple MFi認証 Type-C ー Lightningケーブルが必要となりますので御注意願います。

(ケーブル対応してしれば、30分で50%充電が可能です!)

 

Apple純正だと、こんな感じの価格帯。片側がUSB Type-C端子、片側がLightning端子という仕様のケーブルです。

 

製品概要は以上!

 

【充電テスト】HP Spectre x360でType-C充電テスト!

いま日本HPさんから「HP Spectre x360」をお借りしており、このHP Spectre x360で充電テストをしてみました。

 

HP Spectre x360。カッコイイ。

 

HP Spectre x360も、USB Type-C給電なんですよ。

 

 

このHP Spectre x360には「65W USB Type-C スマート AC アダプター」が付帯しております。 Satechi USB急速充電器・トラベルチャージャーは60W出力のため、ほぼ同等の充電が可能となります。

 

つまり、  Satechi USB急速充電器・トラベルチャージャーに置き換えれば、荷物を1つ減らすことが可能です。結局、スマホやタブレットの充電器を持っていくならば、 Satechi USB急速充電器・トラベルチャージャーを1つ持っていく方が利便性が良いですよね。

 

補足:日本HPとしては、他社メーカーの電源アダプターは動作保証をとっていないので、できれば純正の電源アダプターを使って欲しいとのこと。自己責任の範疇でお願い致します。

 

ただ、純正の電源アダプターは、ちょっとデカい・・・。

 

そして、347gと、ちょっと重い・・・。

 

繰り返しとなりますが、充電にはUSB Type-C Power Delivery対応のケーブルが必要になります。Amazonですと、Ankerが人気でした。

 

早速、接続してみます。 Satechi USB急速充電器・トラベルチャージャーは、ランプが青色に光ります。

 

HP Spectre x360にもケーブルを接続。

 

問題なく充電ができております。

 

実際に電源状況などを調べたわけではありませんが、純正と変わりなく、使うことができました。このように、独自規格ではなく、互換性のある端子で色々なものが繋がることを願います!

 

特別クーポン(15%OFF!)について

そして、今回、Satechi様から本アイテムが15%OFFとなるクーポンの御提供を頂きました! Amazonでの購入時に御活用頂ける特別クーポンとなります。

 

クーポンコード:U2JWNLG9

クーポンの有効期限は5/31(木)までとなりますので、 是非ともお急ぎ下さい!

 

上記クーポンコードを、Amazon注文内容の確認ページに表示される「Amazonギフト券・Amazonショッピングカードまたはクーポン」の入力欄に御入力頂き、適用ボタンをクリックすることで割引が反映されます!

 

商品ページはコチラとなります。

 

関連記事

これまでレビューさせて頂きましたSatechi製品についてです。

 

bridal-nai.hatenablog.com

bridal-nai.hatenablog.com

bridal-nai.hatenablog.com

bridal-nai.hatenablog.com

bridal-nai.hatenablog.com

 

では!