N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【レビュー】価格を二度見するはず! SoundPEATS「Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン」の性能とコスパが凄い!(PR)

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

今回、SoundPEATS Audio様からワイヤレスBluetoothイヤホン「SoundPEATS Q30 Plus」を御提供頂きました。コチラ、Amazonの「イヤホン・ヘッドホン カテゴリー」でベストセラーNo.1に輝いているアイテムで、価格はなんと3,000円台!

 

それはそれはコスパが高いイヤホンなのです!

 

 

 

【製品情報】SoundPEATS  Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン

御提供頂いたのはコチラ。

 

まずですね、このSoundPEATS「Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン」についてレッドを御提供頂きました。これは本当に嬉しかったー。

 

赤い彗星に憧れる男として、色選択を迫られた場合は基本的に赤色を選びます。こちらから「レッドをお願いします!」とお伝えしたワケではありませんが、レッドのイヤホンという時点でテンションが上がります。

 

もしかして、このツイートとか見て頂いたのでしょうか。ありがとうございました。

 

それでは、早速、仕様から御紹介です。

メーカー SoundPEATS Audio
型式 Q30 Plus
イヤホンタイプ カナル型
接続方式 Bluetooth 4.1
充電方式 micro USB充電
コーデック apt-X
通信距離 約10m
防水 IPX6対応
防塵 IP6X対応
連続使用時間 8時間
重量 15g
その他 ノイズキャンセル搭載

 

注目ポイントとしては、

  • コーデック apt-X対応
  • 防水 IPX6対応
  • ノイズキャンセル搭載

という感じでしょうか?

 

この3点については、ワイヤレスイヤホンを選定する上で非常に重要なポイントとなりますので、コチラから御説明致します。

 

①コーデックについて

まずですね「コーデックとは何か?」からなのですが、「Bluetooth(ワイヤレス)で音を転送する際の音声圧縮形式」となります。この音声圧縮形式で音質が決まります。

 

このコーデックはこんなイメージ。

 

その上で、SoundPEATS「Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン」apt-Xという形式に対応しております。

 

Bluetoothにおけるコーデックは主に3つ。

SBC 通常音質、Bluetoothの一般的な規格
apt-X 高音質、主にAndroidで利用
AAC 高音質、主にiPhoneで利用

 

お手持ちの音楽プレイヤー(スマホ)がapx-Xに対応していると、高音質での音楽再生が可能となります。是非ともお調べ下さい。

ちなみに、残念ならがiPhoneはapt-X非対応です。iPhoneのようにapt-X非対応の場合はSBCが適用されますので、利用ができないというワケではございません。御安心下さい。

 

②防水対応について

この SoundPEATS「Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン」 ですが、IPX6という規格に適応しています。

 

IEC(国際電気標準会議)・JIS保護等級の製品表示として、IPX(下記等級)が表示され、どれくらいの防水性があるのかが確認できます。その上で「IPX6」というのは「暴噴流に対して保護されている」という内容で「耐水形」という種類になります。

保護等級 意味 種類
0 無保護 -
1 垂直に滴下する水に対して保護されている。 防滴I形
2 15°以内で傾斜しても垂直に滴下する水に対して保護されている。 防滴II形
3 散水に対して保護されている。 防雨形
4 水の飛まつに対して保護されている。 防まつ形
5 噴流に対して保護されている。 防噴流形
6 暴噴流に対して保護されている。 耐水形
7 定められた条件で水に浸しても影響がないように保護されている。 防浸形
8 潜水状態での使用に対して保護されている。 水中形
- 相対湿度90 %以上の湿気の中で使用できるもの。  

防水 - Wikipedia より抜粋

 

ちなみに「暴噴流」という言葉が聞き慣れないので調べたところ『あらゆる方向からのノズルによる強力なジェット噴流水によっても有害な影響を及ぼしてはならない』という定義だそうです。

 

で、「なんでイヤホンに防水性が重要か?」と申しますと、スポーツ時にイヤホンを利用する方が増えたからです。ランニングやスポーツジムなどでね。汗による故障も予防できますし、汗が付着したイヤホンをそのまま使うと臭くなってしまうので水洗いできるというメリットがあります。

 

③ノイズキャンセル機能について

最後にノイズキャンセル機能について。これは「様々なノイズを軽減してくれる」というものです。凄くない!?

 

騒がしいところで音楽を聴こうとするとボリュームを上げてしまいがちですが、ノイズキャンセル機能があれば気が散る周囲の雑音を打ち消し、通常ボリュームで音楽に集中することができるという素晴らしい機能です。

 

これはメーカーや製品によって、どのようなノイズキャンセル機能が搭載されているかで効果が異なります。

 

製品情報はこんな感じかな。

 

【概要】SoundPEATS  Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン

それでは、前置きが長くなってしまいましたが、SoundPEATS「Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン」について御紹介致します。

 

高級感溢れるパッケージ。

 

スライドすると中身が出てきます。

 

内容物はこんな感じ。イヤホン本体(画像右下のケースに収納されています)、イヤーピース、イヤーフック、ケーブルクリップ、トリセツ。

 

ケースはちょっと大きめ。

 

この中に、イヤホン本体と充電用のmicro USBケーブルが入っていました。

 

あと、イヤーピースとイヤーフック、ケーブルクリップについて。イヤホン本体には「M」が付いており、交換用として「XS/S/L/XL」があります。イヤーフックも同様にイヤホン本体には「M」が付いており、交換用として「S/L」があります。

 

イヤホン部分。メタリックな感じで高級感があります。レッド、カッコいい!

 

まずは耳に挿し込む反対側から。こちらはマグネットになっており、左右のイヤホンがくっつく仕様になっております。

 

そして、耳に挿し込むイヤーピース / イヤーフック側。よく「イヤーフック、痛くないの?」と問われますが、柔らかい素材のため装着時の違和感などは無く、痛くありません。個人的にはこの「カナル型(グイッと耳に挿し込むタイプ)」のイヤホンが好き。耳の穴の大きさや装着感に合わせて、先程のスペアと交換して使って下さい。

 

そして、リモコン部分。中央に電源のON / OFFがあり、その左右がボリュームや音楽の 次へ/前へ に対応しています。

 

そして、リモコン部分の側面にmicro USBケーブルを挿し込むコネクタが。ここにはカバーが付いているのですが、結構ガッチリ閉まっていて硬いです。防水仕様の安心感がありますね。

 

micro USBケーブルで充電しているところ。小さいLEDランプがあり、充電中は赤色に点灯します。1〜2時間の充電で約7時間程度の再生に対応しているとのこと。すごい。

 

また、リモコン部分にはマイクもあります。通話音声を拾ってくれますので、イヤホンを装着したまま通話もOKです。

 

 

設定方法は非常に簡単。キャプチャが撮りやすかったiPhoneで御案内させて頂きますが、Androidでも概ね一緒です。

 

まず、設定画面から「Bluetooth」をタップ。この状態でSoundPEATS「Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン」の電源を入れると、自動的に検出してくれます。検出されたら接続のためにタップ。

 

すると、スマホとiPhoneがBluetooth接続されました。次回からはイヤホンの電源を入れるだけで自動的に接続されます。ただ、マルチペアリング(複数デバイスを切り替えて接続する機能)には対応していないので、接続する機器を切り替えるときは手動で行って下さい。

 

概要はこんな感じ!

 

【実機レビュー】実際に「SoundPEATS Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン」を1週間使ってみた感想!

さてさて、このSoundPEATS Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン を実際に1週間使ってみた感想です。前提条件として、普段利用していた「Anker SoundBuds Slim Bluetoothイヤホン」との比較になりますが、こんなに違うんだ・・・! って思いました。

 

①接続が途切れづらい!

これまで「Anker SoundBuds Slim Bluetoothイヤホン」を使っていて、いちばん気になったのが「接続の途切れ」でした。これは地下鉄乗車時や駅など、人が多い場所でよく発生していたため、電波(Bluetooth)が混線していたのかもしれません。

 

しかし、まったく同じ使い方をしてもSoundPEATS  Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホンは非常に途切れづらく、ノイズが入ることもありませんでした。

 

②バッテリー、長持ち!

このタイプのワイヤレスイヤホンは充電が必要ですが、「Anker SoundBuds Slim Bluetoothイヤホン」はトリセツに記載がある利用時間よりも短く感じていました。1年くらい利用していたので劣化したことも考えられますが、このバッテリーの不満は利用開始時直後から感じていたんですね。

 

しかし、これも同様に同じ使い方をしてもSoundPEATS  Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン は充電が長持ちします。「音量が60%にて8時間再生できます」はダテではありません!

 

③電源ON / OFF時のガイダンス音声の音量はビックリする

電源ON時には「Power On!」、電源OFF時には「Power OFF!」と音声で教えてくれるのですが、このボリュームがまぁまぁ大きくてビックリします。もっと小さくして欲しい。

 

④低音が良い! でもapt-X接続時に限る!

私はapt-Xに対応したスマホとiPhoneを持っています。で、この2デバイスで同じ楽曲を聴き比べたのですが、結構音質が違いました。特にapt-X接続時は低音部分がずっしり響き、とても聴き応えがあります。ただ、iPhone接続ですとSBC接続になるからなのか、そこまで音質の優位性はありませんでした。この対応コーデックについては注意しましょう。

 

⑤ノイズキャンセル機能は体感できず

この SoundPEATS  Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン はCVC6.0というノイズキャンセル機能を搭載しておりますが、正直、そこまで体感できるものではありませんでした。

 

 

こんな感じかな!

 

【まとめ】「SoundPEATS Q30 Plus ワイヤレスBluetoothイヤホン」はこんな人にオススメ!

実際に使ってみたところ、機能面ではまったく不満無く、これで価格が3,000円台であればAmazonの「イヤホン・ヘッドホン カテゴリー」でベストセラーNo.1に輝いているアイテムというのも納得です。

 

もっと高性能なイヤホンはまだまだたくさんありますが(もう「沼」状態)、コスパを考えると非常にオススメできるイヤホンです。apt-X対応については、対応しているとより高音質な音楽を楽しむことができますよ。

 

  • 初めてワイヤレスイヤホンを使う
  • スポーツ用に防水イヤホンが欲しかった
  • 頻繁に充電するという手間はイヤ

 

という方、是非とも!

 

 

【補足】SoundPEATS「Q30 ワイヤレスBluetoothイヤホン」について

 「気になるイヤホンだけど、レッドは派手だなぁ」という方がおられましたら、他のカラーは如何でしょうか? スタンダードなブラックとホワイトのリンクを載せておきます。Amazonであれば、商品ページでカラー選択が可能ですよ!

 

SoundPEATSアイテムについて

こんなレビュー対応もさせて頂いております!是非とも御覧頂ければ!

bridal-nai.hatenablog.com

 

では!