エヌブロ

N-blogの雑記枠です。ガジェットレビューはWordPressに移行中。

【レビュー】ネットワーク機器メーカーとして有名なTP-LINKの「USB 3.0対応 有線LANアダプター + USB3.0 HUB 3ポート」を買った。

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

私は仕事用としてAUKEYの「USB 3.0 HUB 3ポート + 有線LANポートアダプター」を愛用しています。で、今回、自宅でも同じようにUSB HUBと有線LANアダプターが必要になったため、TP-LINKの「USB 3.0対応 有線LANアダプター + USB3.0 HUB 3ポート」を購入しました。

 

スポンサーリンク

 

 

【概要】TP-LINK「USB 3.0対応 有線LANアダプター + USB3.0 HUB 3ポート」

購入したのはコチラです。

 

今回、購入を検討するきっかけとなったのは、PC(MacBook Air)の不調から。Wi-Fi接続が不安定となり、無線LANルータを交換しても改善せず、もう有線LAN接続してしまおうと思いまして。しかし、個人用途のMacBook Airも会社から支給されているSurface Laptopも、有線LANポートが搭載されていないのでこのアイテムを購入しました。

 

PC不調は前から色々な症状が出ており、年内には新しいものを調達できればと思っています。それまでの繋ぎとして。で、例によって、どうせならUSB HUBも一緒になっていたら便利なので、こいつを選定した次第です。

 

ちなみに、冒頭にも書きましたが、会社ではAUKEYの「USB 3.0 HUB 3ポート + 有線LANポートアダプター」を使っています。

 

AUKEYを買わなかったのは、自宅用となると持ち運ぶ機会が多くなるかもしれなかったので。多少価格が上がっても、コンパクトなものを選びたくてTP-LINKにしました。

 

どうでしょう、小さいんですよ、これ!

 

AUKEYとの比較について

では、AUKEYと比べてみましょう。

 

両製品共に、

  • バスパワーで電源不要
  • 有線LANポート(アダプター)はギガビット対応
  • USB HUBは、USB 3.0 × 3ポート

と、ほぼ同じ仕様となります。

 

まず、重さから比べます。まず、AUKEYが61gなのに対して・・・、

 

TP-LINKは52gです。ただ、重さは誤差の範囲。あんまり違いはわかりません。

 

大きさについては並べるとこんな感じ。TP-LINKの方がスリムです。

 

有線LANポート部分。AUKEYは黒くて見えづらいですが、側面に挿し込み口があります。この横幅は結構違います。

 

重ねてみると、こんな感じ。

 

重ねてみたところを、横から撮影。

 

価格としては、TP-LINKが500円くらい高い感じ。価格を重視するならAYKEY、大きさを重視するならTP-LINKといったところでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

まとめ

コンパクトで、ネット接続も快適になりました。ドライバー設定なども不要で、PC(MacBook Air)に繋ぐだけで使えました。

 

私は仕事でTP-LINKのネットワーク機器を扱うことがあり、品質も良く、使いやすくて好きです。某携帯会社のフリーWi-FiのアクセスポイントもTP-LINK製だったりします。

 

また、最近ですとノートPC(Laptop)にUSB端子が少ない仕様のものが増えておりますので、HUBとしても活躍しますね。

 

ちなみに、SurfaceLaptopのレビューで「オススメのUSB HUB(有線LANアダプター)と紹介したら、毎日何個も何個も売れております。SurfaceLaptopユーザーはUSBが1つしかないし、有線LANアダプターもないし、このようなアイテムは必須なのではないでしょうか。

 

■関連記事

bridal-nai.hatenablog.com

 

ちなみに、SDカードリーダー付きのUSB HUBをお探しの場合、「Satechi アルミニウム USB 3.0 HUB & カードリーダー」をオススメします! 通常サイズのSDカードと、micro SDのスロットがあるのは、とても便利!

 

■関連記事

bridal-nai.hatenablog.com

 

 

用途やお好みで、どうぞ!

 

では!