N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【レビュー】TP-Link 有線LANアダプター比較! コンパクトな「UE300」と USB3.0×3ポートを有する「UE330」、どっちが便利!?

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

今回、仕事絡みで有線LANアダプターを1つ購入致しました。メーカーは大好きなTP-Linkにしたんですけど、以前購入したTP-Link USB 3.0対応 Giga 有線LANアダプタ + USB3.0 HUB 3ポート(UE330)が手元にありますので比較してみたよ!

 

スポンサーリンク

 

 

 

【前提】有線LANアダプターを購入する前に押さえておきたいポイントについて

PCもスマホも端子類がどんどん廃止され、「時代はワイヤレスなのに、何が有線LANアダプターだ!」という声が聞こえてきそうですが、個人的には有線LAN接続が大好きなのです。

 

スマホ接続くらいならWi-Fi(無線)接続で十分。でも、デジカメ撮影データ(RAWなど)のようなデータ容量が大きいものをクラウドドライブにバックアップするときとかは、やっぱり有線LANの接続スピードや安定性に信頼を寄せております。接続速度が遅いとバックアップ中にエラーとか起こるもんで困りますし。

 

で、有線LANアダプターを購入するときに押さえておきたいポイントが3つございます。

  1. 1000Mbps(1Gbps)対応であること!
  2. ドライバーインストールが不要なこと!
  3. 用途に合わせて購入すること!

それぞれ、理由を簡単に御紹介致します。

 

1.1000Mbps(1Gbps)対応であること!

まず、肝心の有線LANのポートが10Mbpsや100Mbpsの対応ですと接続が遅いため、1000Mbps(1Gbps)対応のものを選びましょう。

 

製品によっては、わかりやすく「ギガビット対応」とか書いてあると思います。現行品であれば概ね1000Mbps対応のため、そんなに意識しなくても大丈夫です。

 

「bps」というのは「Bit Per Second」の略です。通信回線における1秒あたりのデータ転送速度の単位です。この数字が大きければ通信速度が速いと覚えて頂ければ。

 

2.ドライバーインストールが不要なこと!

まぁ、別に、ドライバーをインストールするだけなんですけど、面倒なもんで。

 

3.用途に合わせて購入すること!

購入前に、用途をはっきりさせることが重要です。

 

有線LANアダプターの購入を検討するということは、十中八九、ノートパソコン(ラップトップ)ユーザーだと思います。

※PC利用を前提としています。

 

  • 持ち運ぶことはあるか?(持ち運ぶなら、軽くてコンパクトなものが良い!)
  • 有線LANアダプター以外に必要な端子はないか?(USB HUBなども搭載していてるマルアダプターの方が良いのではないか?)

 

と、使い勝手まで想定して選びましょう。

こんな感じ!

 

スポンサーリンク

 

購入した有線LANアダプターについて

前置きが長くなりましたが、今回購入した有線LANアダプターを御紹介致します。TP-Linkのコイツです。

 

TP-Linkのネットワーク機器が大好きなことと、非常にコンパクトそうだったため、コレを選びました。

 

パッケージ!

 

「コンパクトそう」というのは、本体自体が小さいということもあるのですが、PCと接続するケーブルが収納できて更にコンパクトになります。持ち運びに便利そう。

 

これが、

 

こうなる。

 

コンパクトは正義ですね。

 

スポンサーリンク

 

ここからは、以前購入したTP-Link USB 3.0対応 Giga 有線LANアダプタ + USB3.0 HUB 3ポート(UE330)と比較してみます。こちらは、USB3.0のHUBを3ポート有するタイプになります。

 

レビューはこちらです。

 

関連記事:▶【レビュー】ネットワーク機器メーカーとして有名なTP-LINKの「USB 3.0対応 有線LANアダプター + USB3.0 HUB 3ポート」を買った。 - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

 

大きさ比較。

左が今回購入したUE300、右が以前購入したUE330

結構違います。

 

厚みもこれくらい違います。

 

UE300が25gに対して、

 

UE330は52g。重さは約2倍の違いがあります。しかし、これは「USB3.0のHUBが3ポートもあるのに、なんと52g!」という、UE330のコンパクトさに驚くところですね。

 

PCと接続したところ。ケーブルの長さが異なります。どっちが使いやすいかについては環境によって異なりますが、個人的には短い方が好きです。

 

 

価格はUE300が約1,500円に対して、UE330は約2,600円。

 

この金額差をどう捉えるかですが、個人的に約1,000円アップでUSB3.0 HUBが3ポート増えるならば、UE330の方がお買い得だと思います。

 

有線LANアダプターUSB3.0 HUBが一緒になっていれば、PC側の利用端子が1つで済むというメリットもありますね。

 

逆に、

  • USB3.0 HUBはいらない!
  • コンパクトさを追求したい!

という方にはUE300をオススメ致します!

 

まとめ

TP-Linkはネットワーク機器メーカーとしても評判が良く、家庭向け製品でのシェアも世界トップクラスです。実際に使ってみて「痒いところに手が届いているなぁ」という製品設計をされており、今後もTP-Link製品を購入していきたいと思っています。

 

ワタクシのような有線LAN接続が好きな方にピッタリですので、是非とも試してみて下さい!

 

関連記事

TP-Link製品ですと、こんな失敗をしたこともあります。

 

関連記事:▶【レビュー】「TP-Link WiFi スマートプラグ(HS105)」と「Amazon echo dot(Alexa)」を連携させてエアコン操作をしようとしたら大失敗した。 - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

では!