N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【解説】三菱UFJ銀行で子供(新生児・生後0ヶ月)の名義で銀行口座を作り、出産時の体重と同じ金額を入金しました。 「出生体重貯金」の方法についても説明しています。

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

ちょっと前のことになりますが、娘が生まれた直後(2週間後くらい?)に「子供名義の銀行口座」を作りました。口座を作ったのは三菱UFJ銀行。私の給与口座と生活費口座を三菱UFJ銀行で纏めていたため、娘のも一緒でいいかなぁ、と思ったので。

 

メガバンクだから娘が成人するまで(20年後まで)潰れるようなこともないだろうし、ATM数も多いし、ユーザーもたくさんいるから使い勝手もいいだろう、という安易な考え。

 

今回は申し込みについての流れをまとめました。

 

 

子供(新生児・0ヶ月)名義で口座を作るのに必要なものは?

私にはほとんど使っていない銀行口座(みずほ銀行)が1つありました。最初はこれを娘用の貯金口座として流用すればいいのではと思ったのですが、妻の強い主張により娘名義として作ることになりました。成長しても使い続けて貰えるように準備してあげたい、と。この段階で、銀行も三菱UFJ銀行にしようと決定。

 

それに伴い、まずは必要なものをネットで調べておきました。これは三菱UFJ銀行で必要だったものなので、別の銀行で口座を作りたい場合は予め確認して下さい。

 

<口座開設に必要なもの>

  • 子供の身分証
  • 保護者(親)の身分証
  • 子供の印鑑
  • 保護者の印鑑

 

子供の身分証としては、健康保険証がちょうど届きましたのでコレと、念のため親子関係も証明できるようにということで住民票(取得から1週間くらいのもの)と、母子健康手帳を持っていくことに。

 

あとは私の身分証(運転免許証)と普段使っている印鑑を用意。

 

子供の印鑑を発注!

子供の印鑑については楽天で発注しました。そして「姓」ではなく「名前」を刻むことに。女の子なので、いつか嫁いでもそのまま持っていて欲しいなぁ、という想いを込めて。

 

20年後くらいのことになりますので、夫婦別姓が当たり前という時代になっていたりするかもしれませんが、まぁ、とりあえず。

 

そうすると、長く利用する前提で「黒水牛」とか「チタン」とか、厳つい素材の方が良いのでは・・・思ったのですが、当然価格も厳つい。印鑑って、本当にピンキリというか、価格差が凄いですね。風水とかが絡んでくると、よりヤバい。

 

で、予算の兼ね合いもあり、高価なものではありませんが(約4,000円でした)、ピンクのカワイイやつにしました。

 

実際に届いたものを見てみると、とても素敵な仕上がりでして、きっと娘も気に入ってくれると思います。大満足。

 

購入したのはコチラのショップさんです。今回に限らず印鑑を発注するときは、このショップさんを使うようにしています。3~4回くらいリピートしているかな?

 

品質が良いし、対応も良いし、かわいいし、安価。すばらしい。

 

 

 

三菱UFJ銀行・窓口での手続きについて

そして、いざ三菱UFJ銀行の窓口へ。銀行口座なんて簡単に作ってくれると思っていたのですが、結構苦戦しました。

 

まず、最寄りの支店に来たつもりだったのですが「ほんの少しの差ではあるものの、自宅からもっと近い支店があるので、そっちに行って欲しい」と言われたのです。

 

三菱UFJ銀行のルール上、自宅から最も近い支店で口座を作って欲しいとのこと。

 

知らんがな。

 

指定された支店は、確かに自宅から近い距離かもしれませんが、普段あまり行かないエリアにあります。そこで口座を作ると、後々不便になるかも・・・、と思いました。今後、何か手続きをしたいときに「口座を作った支店へ行ってくれ」とか言われそうじゃないですか。

 

で、「直線距離でアッチの支店の管轄だと主張されてますけど、公共交通機関での移動のしやすさを考慮すると、絶対にコッチなんです!」って粘り強くコチラの意向をお伝えしました。

 

この交渉、

約30分要す。

 

これはまさか、こんなとこで躓くとは・・・。私としては無茶を言っているつもりはなかったんですけど、三菱UFJ銀行側は「モンスターユーザーが来たぞ・・・」みたいな空気感でした。マジか。

 

そして、交渉に交渉を重ね(ちゃんとお願いベースだよ、机に頭を付けるくらいの感じでお願いしてたよ)、なんとか支店内のそこそこ偉い方の了承を頂くことができました。ようやくこの支店で口座開設の手続きを進めさせて頂くことに。

 

よく「銀行員は新規口座開設獲得ノルマがある」というウワサを聞きますが、三菱UFJ銀行のようなメガバンクだと違うんですかね?

 

 

 

三菱UFJ銀行の窓口担当、手のひらを返す。

ただね・・・、ここからプチトラブル(?)がありました。

 

さっきまで事務的な対応だったのに、キャッシュカードの選択になった途端「キャッシュカードにクレジットカード機能を付帯させておきましょう!」と営業されたのです。

 

もう、なんなの・・・?

疲れたよ。

 

「いざというときに役に立ちます!」と言われても、生後0ヶ月の娘の口座ですからね。つーか、誰の与信審査でカード申請するんでしょうか。当然、保護者(親)だよね?

 

これは流石に丁重にお断りしました。でも、先程の口座開設支店の問題もあり「コッチは譲歩してやったのに、お前は譲歩しないんかい・・・!」みたいな空気感になりました。メガバンク、こわい。

 

最終的に、通帳とキャッシュカードはディズニーデザインのカワイイやつをチョイス。 カードは後日郵送されてきますと説明され、この日は通帳のみ頂きました。

(実際に10日くらいで自宅に届きました。)

 

f:id:nigelle1221:20170501011444p:plain

▲このデザインのキャッシュカード

 

 

 

初回入金額を子供の出産時の体重(2,802gなので2,802円)にしたい!

最後に、産まれたときの体重が「2,802g」だったので、2,802円をATMから入金して、通帳記入。1行目に「2,802」を記載させたかったという妻からの要望でした。

 

この入金も最初は窓口でお願いしたのですが「口座を作ったばかりだと10,000円未満の入金は出来ない」と言われ、渋々ATMコーナーへ。なんじゃい、その謎ルールは?

 

というワケでATMで入金しておしまいです。入金だけならキャッシュカードがなくても通帳のみでOKでした。

 

なんだかんだで、トータルの所要時間は1時間くらい。支店問題とかがなければもっと早いかもね。あとは昼時は混みますので、このあたりも考慮に入れて臨んで下さい。

 

いま流行している「出生体重貯金」とは?

私は単純に産まれたときの体重分だけ入金したのですが、巷では「出生体重貯金」というものも流行っているようです。どうやら、どこかの金融機関(ゆうちょ?)がCMで行っていた模様。

 

振込時の名義人名を変更することで、より明確に記録するという貯金だそうです。例えば、出産時の体重が「2,802g」であれば、名義人を変更することで・・・、

 

名義人
金額
WEIGHT
2,802

 

みたいな感じに通帳記録されます。

 

中には、誕生日や出産時刻などまでこだわる方がいるそうな。同じ要領で、誕生日が「2016年6月25日」であれば、(20)16.6.25と置き換えて、

 

名義人
金額
BIRTHDAY
16,625

 

みたいな。

 

予算に余裕があれば「20,160,625」と2千万くらい入金したいところですが、まぁ、ねぇ・・・? これは難しい(できない)ため、5桁金額(16,625円)で妥協です。ご予算に合わせて設定して下さい。

 

更に時間が「AM4:25」だったら・・・、

 

名義人
金額
TIME
425

 

とか。

 

そして、3項目(BIRTHDAY+TIME+WEIGHT)の合計が19,852円となりました。

名義人
金額
BIRTHDAY
16,625
TIME
425
WEIGHT
2,802

 

で、これを「毎月25日」とか、決めた日に入金していくことで思い出に残る貯金を積み立てていこうという取り組みです。我が家の場合、上記内容で1年間継続したら238,224円となりました。がんばります。

 

 

 

「出生体重貯金」の入金方法について

 この「出生体重貯金」について、ただATMから入金するだけでは「名義人」のところが反映されません。このためには、別口座(例えば親の口座)から振込入金処理を行う必要があります。

 

三菱UFJ銀行の場合は、インターネットバンキング(ダイレクト)でもATMでも名義人変更が可能です。

 

ここではインターネットバンキング(ダイレクト)での入金方法について説明致します。スマホ画面での解説となりますが、PCでも概ね一緒です。

 

(1)親の口座から子供の口座に振込処理を行う

まずは、一般的な手続きとして振込処理手続きを開始します。入金先はどこでもいいのですが、親の口座からが一般的でしょうか。そして、振込先口座を子供の口座にします。

 

そして、振込金額を体重にするのか、生年月日にするのか、出産時刻にするのか、御検討下さい。上記画像では出産時の体重としたかったため「2,802円」としてあります。

 

そして「振込依頼人」のところの横に「変更」というボタンがありますので、ここを押すことで名義人を変えることができます。

 

(2)振込依頼人名(名義人)を変更する

そして、依頼人名の欄を修正します。体重のため「WEIGHT」としました。基本的に大文字カタカナか英数しか入力できませんので「体重」という登録はNGです。

 

カタカナで「タイジュウ」でもOKですが、小文字カタカナもNGなので「タイジウ」が「タイジウ」に変換されてしまいますので御注意下さい。

 

(3)振込依頼人名(名義人)が変更されたことを確認する

最後に振込依頼名(名義人)が確認されたことを確認し、振込実行ボタンを押せばOKです。通帳記帳すると「WEIGHT:2,802円」となっているはずです。

 

金額や内容については御夫婦間で相談してみて下さい。最初の1回だけでも良いと思いますし、定期的にこの方法を繰り返しても良いですよね!

 

 【まとめ】三菱UFJ銀行での口座開設について

 

そんなこんなで子供名義の銀行口座ができました。 ポイントとしては、

  • 必要なものを予め確認して準備!
  • 自宅から最も近い支店に行こう

です。 

 

今回は別支店で口座を作らせてもらえましたが、他の支店で同じような判断をしてくれるとは限りません。しっかりと確認しておきましょう。 

 

この娘の口座には、毎月、給与から一定額を入金しています。また、ウチの妻は偉いもんで、親戚や友人・知人から頂いた出産祝いを全てこの娘の口座に入金しています。 

 

「お母さん貯金」って、生活費に充てるもんだと思ってた・・・。お年玉とかそうやって搾取(没収?)されて育ってきたので、妻が本当に貯金するとは思わなかった・・・。金銭感覚がしっかりしており頼もしい。

 

 いかんです、こんなとこで実家の民度が出てしまいました。 

 

このエントリー作成時点で娘は生後10ヶ月目ですが、その娘の銀行口座の預金残高の方が私の持っている全預金残高よりも多いからね。 

 

ちなみに、この貯蓄以外にもソニー生命の学資保険に入りました。ささやかながら娘に対しては備えております。頑張ります。 

 

通帳ケースもディズニーにしたよ!

 では!  

 

 

保存保存保存保存