N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【2019年】N-blog的 欲しいものたち。

今週のお題「2019年の抱負」

 

どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

あけましておめでとうございます。

 

2019年1発目のブログエントリーは「欲しいものたち」をまとめることにしました。というのも、先日「2018年に買ってよかったもの」というエントリーをまとめたのですが「あぁー、アレも、コレも、欲しかったなぁ」と感じることが多くって。

 

2019年は頑張って稼ぎ、欲しかったものを手に入れようと決意した次第です、ハイ。そこそこの借金持ちなので、返済が優先ですけどね。

 

2018年に買ってよかったものエントリーはコチラ。

関連記事:▶【N-blog】2018年に買ってよかったもの、27選! - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

1.OLYMPUS OM-D E-M5 Mark-Ⅱ 12-40mm F2.8レンズキット

まず、カメラ。いまメインで使っているカメラはSONYのα6000なのですが、このブログで商品レビューを行う機会が増えたため、できれば「寄れる」レンズが欲しいんです。

 

で、α6000はセンサーが「APS-Cサイズ」という規格なのですが、今後はフルサイズが主流になるだろうもんで、このAPS-Cサイズのレンズを買い増ししてもなぁ・・・、と。特にSONYのAPS-Cサイズレンズ(Eマウント)は、安くて良いレンスが少ない印象。

 

だったら、次はフルサイズを・・・、となればいいんですけど、高いんですわ。フルサイズカメラ、高いんですわ。そして、フルサイズ対応のレンズも、高いんですわ。

 

今後、フルサイズのカメラを買うのであれば、SONYのα7シリーズと思っています。現行機はα7Ⅲ。レンズキットで25万くらい?

 

・・・って、 高いんだよ!

 

また、いつかは欲しいんですけど、α7シリーズがバリアングル液晶対応になるまで待ってもいいのかな、という気持ちもありまして、その繋ぎとして OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII 12-40mm F2.8 が欲しいな!みたいな。

 

これは2年くらい前の機種となりますが、12-40mm F2.8 という「神レンズ」がセットになって10万くらいで購入が可能。それでも高いんだけど、コスパは良いと思うんです。

 

このカメラが欲しいポイントとしては、

  • レンズが良い(F2.8、12mm広角)
  • バリアングル液晶
  • 防塵、防滴と堅牢性が高い

みたいな感じ。

 

センサーサイズはAPS-Cより小さいマイクロフォーサーズではありますが、動画に強いと言われているPanasonicのGH5Sなどもマイクロフォーサーズ規格。

 

今後動画コンテンツにも手を出したいという気持ちがある私としては「この機種を導入してみても、動画撮影カメラをPanasonicのGHシリーズにすればレンズは流用できるんじゃね?」って思いました。

 

Panasonicにもフルサイズミラーレスカメラ(LUMIX S1R / S1)が発売予定であり、そうなれば逆にGH5SやGH5、更に前のGH4などが安くなる可能性が高いため逆に導入しやすくなるという目論見もあります。これからは4K撮影が主流かもしれませんが、開封レビューの撮影であればFHD撮影くらいで十分ですし。

 

そんなこんなで、イチバン最初に思い付いた「欲しいもの」は OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII 12-40mm F2.8 でした。

 

スポンサーリンク

 

2.Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K

 

次もカメラ! こちらは動画撮影がメインとなるカメラです。「Blackmagic Design なんて聞いたことがない」という方もいるかもしれませんが、ハリウッドなどで使われているようなプロ仕様カメラを作っている会社です。

 

今回、そのプロ仕様レベルのカメラを作っている会社が、個人向けに約15万くらいで凄いカメラを販売したということでざわついています。

 

ポイントとしては、

  • 4K撮影可能
  • 超大型タッチスクリーン搭載
  • RAW動画撮影(保存)可能
  • ミニXLRマイク接続OK
  • USB Type-C 接続でSSDへデータ保存可能

みたいな感じ。

 

この動画も Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K で撮影されたものなのですが、もう映画だよね!? シネマカメラという名前はダテではないですね。ただ、ちょっと大きいから「Pocket」は言い過ぎな気もします。

 

この Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K  は、私が大好きなYouTuberのdrikinさんが利用されているカメラでもお馴染み。こんな感じで動画が撮影できたら楽しいだろうなぁ、と物欲を刺激されたものでした。

 

こんな感じで撮影されております。当然、レンズも良いものを使われておりますし、編集テクニックも非常に上手なので誰でもマネできるものではありませんが、憧れませんか!?

 

drikinさんのYouTubeチャンネルはコチラ。ガジェット系のレビューが多く、とても参考になる動画ばかりだよ。

 

YouTubeチャンネル:drikin - YouTube

www.youtube.com

 

で、この Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K は、センサーサイズがマイクロフォーサーズなんですね。1で紹介した OLYMPUS OM-D E-M5 Mark-Ⅱ 12-40mm F2.8レンズキット も、この  Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K のことを考えてのチョイスになります。マイクロフォーサーズレンズをムダにしない!

 

ちなみに、実際に商品レビュー用としては、Panasonic GH4 くらいを入手できたらと考えております。こちらもマイクロフォーサーズ規格! マイクロフォーサーズレンズを無駄にしない! 同じPanasonicから発売されている G8 も8万円くらいで購入できるようになってきていますが、どう違うんですかね? カタログスペックを見比べてもよくわかりませんでした。

 

で、この Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K は娘の成長をシネマチックに追い掛けられたら・・・、みたいな感じ。でも手ブレ補正が無いから、手ブレ対応用としてジンバルがいるのかな。

 

この Blackmagic Design Pocket Cinema Camera 4K には、編集ソフト(DaVinci Resolve Studio)が付属するのも高ポイント。

 

スポンサーリンク

 

3.SONY RX100(コンデジ)

 

はい、もう1つカメラ。こちらはコンデジ。もっと日常的に写真を撮りたいなぁ、と思っているのですが、いくらコンパクトになってきたとはいえミラーレスカメラ(α6000)を常時持ち歩くのはちょっとなぁ、と。

 

で、最近のコンデジといえば・・・、みたいな代表的機種の SONY RX100 に対して憧れもあり、欲しいと思っています。

 

この SONY RX100 シリーズは

  • RX100
  • RX100M2
  • RX100M3
  • RX100M4
  • RX100M5
  • RX100M6
  • RX100M5A

・・・と、7機種も販売されております。

 

こんな大人気機種ですが、その初代のモデル SONY RX100 が価格も安くなってきております。いま価格確認を行ったところ3万円ちょいでした。セールとかだと2万円台になっていることも。

 

新しい機種(RX100M6とかRX100M5A)は、いろいろ機能アップしていたり改善されているところもありますけれども、やっぱり高いんですよ。10万近くもするんですよ。

 

ちゃんと撮影したいときはα6000を持っていきますし、日常的に撮影するもの(食事とか?)であれば SONY RX100 で十分ですよね。

 

SONY RX100と双璧となるコンデジの雄・RICOH GRⅢは今年の春(2019年4月くらい?)に発売されるそうで、これも気にはなりますが、やっぱり10万くらいするでしょうしね。発売前に期待していた 富士フィルム XF10 もレンズキャップがヤダなぁ・・・、と。

 

富士フィルム XF10 のデザイン、レトロな感じで好きなんですけどね。価格も4万ちょいで、手が届きそうな感じも良いんですが、レンズキャップがなぁ・・・。

 

また、SONY RX100 はアプリを購入することでタイムラプス動画を撮影することもできまして、ちょっと憧れています。正直、やってみたい。

 

タイムラプスへの憧れは露骨にYuuさん(@yuu_u001)の影響を受けているワケですが、こんな素敵な動画、撮ってみたいじゃないですか。カメラを買ったところで、同じような動画が撮影できるワケではないんですけど、チャレンジしてみたいお年頃なのです。

 

Yuuさんのタイムラプス動画、素敵なので是非とも見てみて!

YouTubeチャンネル:Yuu - YouTube

www.youtube.com

 

スポンサーリンク

 

4.Velbon VS-443Q(クイックシュー・自由雲台付き 三脚)

 

今後のことになりますが、このブログについてもう少し商品レビューのエントリーを強化していきたいんですね。

 

で、こんな感じの真上から俯瞰的に撮影できたらいい感じになるんじゃね?と思うようになりまして、そのためには三脚がいるな!という思考に至った次第です、はい。

※画像はイメージです

 

また、画像だけじゃなく、動画でも商品レビュー(開封説明)を行えたら、ブログの時補助的にいいんじゃない!? とも思っていまして、やっぱ三脚いるじゃん!みたいな。

 

そんなときYouTubeで三脚レビューを発見し、「これ、欲しい!」となりました。

 

動画で紹介されているのは Velbon VS-5400Q というモデルですが、さすがにちょっと高いので VS-443Q が欲しいんですよ。

 

Velbon VS-5400Q はカーボン製で軽いんですけど、高いんです。VS-443Q はアルミ製。

 

ちょっと前にVelbonのクイックシューを購入したんですけど、コレ流用できたらいいですなぁ。

 

関連記事:▶【レビュー】カメラと三脚を脱着するのにネジをクルクルするのが面倒くせぇ! というワケで、Velbonのクイックシューセットを買った! - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

5.Manfrotto MA-SB-A1(カメラケース)

 

いま、仕事でもカメラ(α6000)を使う機会が増えてきました。会社としての導入実績紹介として取引先の方とのインタビューの様子を撮影したり。

 

で、仕事で使っているカバンはTUMIのビジネスブリーフバッグなのですが、カメラまで入れる余裕がなく、仕方ないのでナイロンのペラッペラのエコバッグに入れて持ち歩いています。

 

さすがに壊れたらイヤなので、単体としても使えるカメラバッグが欲しいと思って探していたところに、このManfrottoのカメラバッグを発見!

 

1.6Lということで、ミラーレス1つと小型のレンズ1本くらいの容量なので、ガチ勢の方々には物足りないサイズだと思いますが、用途的にちょうどいい感じ。デザインもカワイイため、是非とも欲しいものです。

 

スポンサーリンク

 

6.Peak Design Everyday BackPack 20L(ジェットブラック)

 

こちらはカメラバックですね。このシリーズ(Peak Design Everyday BackPack)は20Lと30Lの容量違いがあるのですが、自分の用途としては20Lで十分かと。

 

超インドアなので、写真撮影に行くという用事を作って、外に出たいな、と。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

欲しいものをまとめていたら、見事にカメラ関係に偏りました。それだけ、2018年はカメラにハマった年ということだったんですね。

 

でも、まだまだ浅瀬。

まったく沼にハマってません。

 

技術も知識も、まだまだ趣味と言えるレベルではありませんが、撮影は楽しいと思ってます。そして、もっと上手くなりたいですね。

 

2019年の目標(抱負)は「カメラ上達」となりました。上記の1〜7、何一つ購入できる目処はたっていないんですけどね。

 

<追記>

カメラ以外の欲しいアイテムもまとめてみました。

参考:欲しいものリスト

 

補足

カメラ知識については、楽天マガジンでカメラ雑誌を読んで蓄えております。楽天マガジンは380円(税抜)/月で・・・、

  • デジタルカメラマガジン
  • カメラマン
  • CAPA

がバックナンバーも含めて読めますので、本当にオススメです。

 

31日無料お試しは公式サイトで受け付けています。

この機会に是非とも!

 

楽天マガジン 公式サイト

月額380円(税抜)で約200雑誌が読み放題!
楽天マガジン

 

過去に書いた「カメラ趣味の人は絶対に楽天マガジンを契約するべき」というエントリーはコチラです。

 

関連記事:▶カメラが趣味なのに、まだ楽天マガジン(380円/月)を契約していないの? なんで?? - N-blog

bridal-nai.hatenablog.com

 

では!