N-blog

N-blog(エヌブログ)、ガジェットレビューを中心としたIT情報発信ブログです。

【検証】Amazonの「ほしい物リスト」を晒すと、どうなるのか?

f:id:nigelle1221:20171122191542j:plain
どうも、ニャン(@bridal_nai)です。

 

先日「日立製作所を辞めた理由。」というエントリーを書きました。多くの方に読んで頂き、コメントも頂戴しました。ありがとうございました。

bridal-nai.hatenablog.com

 

で、退社エントリーを書くにあたって「他の方はどう書いているのかな?」とブログを読み漁ったところ、Amazonのウィッシュリストが最後に記載されていることが多くて。「ウィッシュリストとは、なんぞ?」となりまして、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

Amazonの「ウィッシュリスト」とは?

Amazon上での表記は「ほしい物リスト」となっております。リスト自体は「一般(不特定多数)に公開」と「特定の人だけに公開」が選べます。例えば、お祝いを贈る際に「何が欲しいのかわからない」となることも多いと思いますが、当事者がこの「ほしい物リスト」を公開することで、そのリストの中から贈り物を購入出来るという仕組みでした。

 

頂く側としては「自身が欲しいもの」が贈られてきますし、贈る側としては「相手が欲しいもの」を的確に贈る(購入する)ことができますし、Amazonは儲かるし、誰も損をしない! すごい! ホンマAmazonは近江商人の「三方良し」を体現する、モノ凄い会社やで!

「三方良し」とは?

「売り手よし、買い手よし、世間よし」 売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心の底から満足し、さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献しなければならない。

Wikipediaより

 

で、退職エントリーには、これまでの労いの意味も込めて「Amazonほしい物リスト」を追記することが多いようです。なるほど。便乗しましょう。乗るしかない、このビッグウェーブに!(←書きたかっただけ)。

 

「Amazonほしい物リスト」を作ってみた

早速「ほしい物リスト」を作ってみることにしました。基本的に、欲しいものをAmazon内で検索して、画面上の「ほしい物リストに追加する」というボタンをクリックするだけです。

 

「ほしい物リストに追加する」ボタンは、商品ページの右側にあります。

 

いざ欲しい物と問われると、何を入れて良いのか困ります。価格帯もあるし。とりあえず、このブログ運営にあると助かるなぁという物や、日用品などを追加させて頂きました。

 

ただ「流石に住所バレは、ちょっと・・・」と思いまして、住所を公開せずにウィッシュリストを作れるのかどうかを調べてみたところ・・・、ありました! やっぱあるんですね。

 

参考にさせて頂きましたブログです。

www.heibonnashufu.net

 

受取名を「ニャン」とするのは少々抵抗がありましたが、自分で名乗っているから仕方ない・・・。ヤマト運輸のお兄さんにベトナム人と思われたらどうしようとか思いつつ、とりあえず設定完了です。

<補足>

「水曜どうでしょう」の最終回でベトナムに行っており、そのベトナム人のガイドさんが「ニャンさん」だったので・・・、って、補足がいることを書いてはならんすね。ちなみに、ワタクシが「ニャン」としたのは別の理由です。

 

そして、作成した私の「ほしい物リスト」はこんな感じです。是非とも!

Amazon:ニャンさんのほしい物リストを見る

 

スポンサーリンク

 

 

「Amazonほしい物リスト」の告知設定について

で、退職エントリーの最後にウィッシュリストのリンクを追加し、ブログのサイドカラムにもリンク枠を作ってみました。常時、表示。

 

PC表示だと、こんな感じ。

f:id:nigelle1221:20180405101713j:plain

 

そして、Twitterに投稿!

 

実際に、商品は届くのでしょうか?

ちょっとドキドキします。

 

【追記】結果報告! 実際にほしい物リストから贈り物が届いた!

実際にたくさんの贈り物を頂きました。誠にありがとうございました。結果報告として別エントリーに纏めておりますので、是非とも御覧ください。

bridal-nai.hatenablog.com

 

ただ、伝票などを調べたのですが、どなたからの贈り物なのかを確認することができませんでした。匿名として贈って頂いたのか、見落としてしまっているのか、詳細は不明なのですが、この場を借りて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 

現状、私は頂いてばかりで、なかなか他の方を支援できるような状況ではないのですが、いつか現状を打破して、ペイフォワードの観点から支援する側に回れるよう尽力したいな、と思いました。

 

改めまして、ありがとうございました。

引き続き、宜しくお願い申し上げます。

 

では!